FC2ブログ

Welcome to my blog

街の緑1(勉強及び視察)

ケヤキのその後(県立美術館)

kennbi2018 (1)

秋田市まで出かけた折、県立美術館の前を通りました。
実は6月頃に、強い剪定は控えた方がいいと、県の担当課に話していました。
今年も剪定は行われていましたが、幾分の加減はなされたようです。

kennbi2018 (2)

二階のラウンジから。
でもやはり、水庭の上に出さないというコンセプトは厳守されているようです。
美術館の係の方には、「昨年よりはいいけれども、いつか必ず限界が来る。樹木が衰弱してもコンセプトを守らなければならないのなら、一度、設計者に秋田に来てもらい、現状を見ていただいたらどうか。」と話してきました。

東京の表参道には見事なケヤキ並木がありますが、その通りにある表参道ヒルズという建物は、並木との調和を図るために建物を低くしています。
建築に樹木を従わぜるのではなく、樹木の存在を尊重し、木に寄り添うように建てる。
県立美術館にも、そうした発想で臨んでいただきたいものだと思っています。
関連記事