FC2ブログ

Welcome to my blog

庭の風情

あられこぼし

ararekobosi.jpg

木漏れ日が降り注ぐ石畳。
くだけた感じが、自然風の庭に良く似合う。

『あられこぼし』というこの敷き方は、延段の中でも最もくだけた形。
そんな形を『草』というけれど、「草」には「早」という字が付く。
あられこぼしに漂う雰囲気は、どちらかというと『枯れた道』。
これをやったのは、27,8の頃だった。
そんな若い時分に枯れた味わいなど出せるわけもなく、心も技もまだ早かった。

作庭から28年。
時がこの道の味わいを深めてくれている。
ようやく、この庭の道になってきた。。
関連記事