FC2ブログ

Welcome to my blog

自然の風景

朝靄の七座3

nanakuraunnkai (7)

今朝は藤里町で現場の下見。
帰り道、二ツ井方向に朝靄が掛かっているのが見えました。

nanakuraunnkai (8)

これは、行かなければならないでしょう。
というよりも、次の現場への通り道。
でも、ここまで来たら、さらに上に行かなければならないでしょう。

nanakuraunnkai (1)

ということで、一本松からの七座。
おお!
この雲の上から山が顔を出すところを見たいのです。

nanakuraunnkai (2)

nanakuraunnkai (3)

nanakuraunnkai (4)

というわけで、30分ほど佇んできました。
実は今日は、そんなに広くないこのポイントに見学者が4人。

一本松までは、車でもけっこうな坂道を登らなければなりませんが、坂道はトイレのある広場の辺りから砂利道になります。
今朝はここで、年配のご夫婦から徒歩で下に降りられる道を尋ねられました。
あるにはあるけれど、山道だから大変かもしれない。
聞けば、秋田市から電車で来られたとのこと。
これは、二ツ井町民としてはとても嬉しいことで、そこまでして来てくださったのかと、下まで車でお送りすることにしました。
でもその前に、せっかくだから夫婦岩と一本松からの雲海を見ませんかとお誘いしたというわけです。
そして、そこに先客としていたのが観光協会のスタッフさん。
ということで、いろいろと説明していただけたのは幸運でした。

nanakuraunnkai (6)

帰りに見てもらった夫婦岩

kimik0onn_2018101607310168e.jpg

これは昨年の今頃に撮ったものですが、1年経つと、この構図のポイントがどこなのかわからなくなっていました。
季節も時間も腕も変わらないのに何とも不思議。
やはりあれはまぐれだったのかと思いつつも、写真は一期一会だということを実感した次第です。

nanakuraunnkai (5)

ということで、1時間のミニガイドも無事終了。
明治天皇の石碑の所でお別れしました。
地元にいながら、夫婦で夫婦岩に来るということはまだ実現できていませんが、このご夫婦のように、素敵に年を重ねたいものです。
関連記事