FC2ブログ

Welcome to my blog

庭の手入れ

秋の透かしに思う

akisenntei (2)

紅葉が始まったケヤキとサクラの透かし。
冬に行いたいところですが、落ち葉がご迷惑にならないようにとの配慮です。

新緑の頃にいただいたお話ですが、樹木への負荷を考えて、落葉の直前に行うことにしていました。
紅葉は、樹木が来季に芽吹く養分を作り終えたことの印ですが、それを待っての手入れということです。
以前、『落葉させない街路樹に思う』という記事を書きましたが、紅葉前に人為ですべての葉を取ってしまうということは木に当たり前の営みを行わせないということで、樹木にとっていいわけはありません。
今回は、落ち葉の負担を少なくしつつも、せめて、少しでも木々に紅葉をしてもらい、ご家族にもその姿を楽しんでもらいたいと、ギリギリの剪定をしています。

紅葉や落ち葉は樹木の自然の営みであり風情。
街中ではそれを存在させることが難しくなってきていますが、可能な限り、樹木や木を愛でる方々に寄り沿いたいと思うこの頃です。
関連記事