FC2ブログ
庭づくり

曇耕雨搬

00date (2)

外構が一段落したとのことで、先週から大館市の現場に入っています。
切土された法面に土留めと通路を作り、土壌改良を行いながら、植物の育てる環境に変えていく仕事です。

00date (3)

イメージはこんな感じですが、さて現場ではどうなるでしょう。
図面はパソコンで描きますが、マウスをスコップに持ち替えると感じるものが違うのです。
土を崩したり耕したり運んだりしているうちに、また考えが変わっていくかもしれません。
庭がどうなるのかは、『土に訊け!』です。

00date (4)

年の瀬が見えてきた今の時期は猫の手も借りたい。
ということで、うちの猫が一番なついている嫁の手、ならぬ足を借りて、土を崩してもらっています。

00date (5)

oodate (2)

00date (6)

晴れたのは初日だけで、その後は雨ばかり。
晴耕雨読といきたいところですが、雨読でサボれば雪が降る。
土砂降りでもとりあえず現場に行き、雨が上がらなければ材料の搬入。

00date (8)

そんなわけで、連日、合羽を着て泥だらけの日々を過ごしていますが、遅々とした作庭もなんとか形が見えてきました。

00date (1)

現場から見える虹。
しばらく雨予報だから、明日も石探しかな。
関連記事