FC2ブログ

Welcome to my blog

庭の手入れ

支柱の更新

syumoku.jpg

雪囲いと併行して、囲いをしない庭の点検にも回っています。
松などは透かしてあれば雪吊りも要りませんが、差し枝の長い門冠などは雪が載りやすく、大雪の時などは重みで倒木を起こす時もあります。
そのための補強として支えを付けますが、その強度確認や更新もこの時期に行っています。

syumoku (2)

ということで、傷んだ支柱の取り換え。
これまでの杉杭に変えて、今回は、丈夫で長持ちのする青森ヒバで撞木を作製しました。
青森ヒバは竹垣用に仕入れていますが、太い物はこうした使い方をしています。

syumoku (3)

差し枝には、前日までの雪が載っていました。
軽く枝透かしも行って、作業を終了。

大雪の年、雪をかき分けながら、倒木した松をクレーン車で起こしに行ったということがありました。
こうした支柱の点検も、雪囲いのうち。
大事にしないためにも、行っておきたいことです。
関連記事