FC2ブログ

Welcome to my blog

冬季剪定

雑木の庭 10年目の手入れ

O (1)

作庭から10年目を迎える庭の手入れ。
これまでは点検で寄った時などに、枯枝や越境する枝を外すぐらいですんでいました。

しかし10年も経つと、木々の個性も顕著になります。
こちらの庭は里山の雑木を植えた庭ですが、里山で最も大きくなるのはどんぐりの木。
ここにはコナラとミズナラが1本ずつありますが、やはり他の木に先駆けて成長しています。
それはそれで樹木の特徴であり、高木が林冠を形成していくのが自然の理。
里山の木々は日の光を得るために競争していますが、先に大きくなった木が枝を張らせると、その下になる木は上方への進路を阻まれて側方に伸びるようになります。
雑木を混植すると庭の中でもそのような状況が起き、広くない庭では幹や枝が建物や隣地に伸びていくなどの支障が出てきます。
そうした状況を回避し、木々が空間を分け合いつつ上空に伸びていけるよう、採光調整を行うのが今回の手入れです。

O (2)

剪定後。
林高はそのままで、幅っている枝や混んできた枝を、見た目ではわからない程度に抜いています。

O (3)

仕上がり後の上空。
今回は、各所に枝擦れが見られたこともあり、枝同士のアタリ(接触)を外して、隣り合う枝と、付かず離れずの距離を保てるようにしています。
枝が傷まないよう、風が通るよう、日が差し込めるよう、木蔭ができるよう、そんなことをイメージしながら手を入れています。

O (4)

建物や歩行に障る枝も剪定。
樹木の本数の割に、すっきりとした風情が漂っています。

ZOUKITEIRE.jpg

作庭1年目と、その10年後の比較。
樹種にもよりますが、コナラやヤマザクラなどは幹の太さが植え付け時の10倍近くになっています。
樹高は高い木で6mほどありますが、まだ2,3mは伸びても大丈夫でしょう。

こちらの庭は雪囲いなども一切行いませんが、10年経っても、手入れも半日程度ですんでいます。
経済的な管理を行えることも、雑木の庭の魅力のひとつです。
関連記事