杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

市民学校 剪定講座

9月13日、二ツ井町ふれあい公園を会場に、二ツ井市民学校の剪定講座が開催されます。
この講座は、昨年、街の緑の現状を知ってもらおうと、緑の景観を考える会が行なった街路樹剪定勉強会
http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-98.html 行政関係者や市議会を対象に開催)
の市民版として開催されるものですが、今回はその時の会場となった二ツ井公民館の主催で行なわれます。

IMGP5279.jpg

会場は二ツ井小学校のすぐ近く、「特養よねしろ」に隣接する公園です。
園内にはクロマツやコナラ、ヤマモミジ、エンジュ、ソメイヨシノなどが植えられていますが、当日はこれらの樹木を教材として、以下の内容などについて説明したいと思います。

1 剪定の意味と必要性 (剪定とは何か、なぜ剪定を行うのか)

2 樹種や時期に合わせた剪定法 (常緑樹と落葉樹の違い、樹木の生理に合わせた剪定など)

3 剪定による腐朽防止と樹皮の再生促進 (現代樹木医学が採用するCODITT理論の剪定法を紹介)

4 雪国に適した剪定仕様 (雪害を最小限に抑え、雪吊りや雪囲いを容易にする剪定)

5 緑地の目的や設計方針に即した剪定法の選択(庭と公園と街路樹の違い、自然樹形と人工樹形の違い、透かし選定と刈り込み剪定の違いなど)

6 人と樹木の共生と、木と木の競合と共生について(樹木の成長や病虫害を考えた植栽計画や樹種の取り合わせ。人と樹木、樹木と樹木がストレスを感じない植栽配置など)

7 美観や樹木の生長を阻害しない支柱の取り付けや取り外しのタイミングについて  


IMGP5284.jpg
                  (公園の案内板より)

会場へのアクセスです。

雨天の場合は二ツ井公民館に移動、スライドなどを見ながらの勉強会となります。

IMGP5169.jpg
  (庭の奥まで視線が通るように、手前の木の枝を払う)
                ↓
IMGP5163.jpg  (樹皮が再生しやすいように、適正な位置で切る)
                ↓
IMGP5208.jpg
 (枝を払った後の景色)

IMGP0411.jpg
(雪害を考慮した、雪国仕様の透かし剪定)

IMGP4725.jpg
(自生樹を植えた雪囲いの要らない庭。里山の植生に習い、多種類の樹木を混植、共生させた例)

上の写真は、庭の剪定の様子ですが、景観向上のためには思い切り良く枝を払うことも必要だったり、そんな中でも、木を傷付けないような切り方をしなければならないこと、逆に、木の状態によっては手を入れないことも管理のうちであること、雪国に適した剪定法や樹木の生長を考えた植栽法の例など、写真を見ながら、そんなお話もしたいと思います。

IMGP5262.jpg
                 ( 8月25日発刊 能代市広報 より)

 申し込みやお問い合わせは、上記まで。皆さま、奮ってご参加下さい。

※ この講座の案内は8月25日発行の「広報のしろ」の9ページ、「学びの情報箱」でもお知らせしています。

Comments 6

紅  

山ヤさんへ

応援ありがとうございます。
雨の日はスライド講習になるので、当日の資料作りでバタバタしています。
でも、せっかく作っても、雨だと使われないんですよね(涙)。
ということで、配布用の紙資料も作ろうとしてますが、頭が整理できずに、難航しております。
こちらが提案した講習会なので、もちろん無報酬、お金にならないことに力を使う自分のバカさ加減にあきれているところですが、この経験もいつか生きる時が来るだろうと、自分に鞭打つ毎日です(笑)。

庭も公園も、行ってみたくなるような魅力が必要ですね。
街中の公園だったら、もっと人が集まるかもしれませんが、田舎町の公園は周りの自然環境が良すぎる、ということもあるかもしれません。
私は仕事の一服や昼食なんかの時によく利用してますが、ここに来ればお茶や弁当が美味い!、というのものもまた、公園の魅力なのかもしれません。
この公園で佇むオジサンがいたら、それは私です。
哀愁のサラリーマンのような植木屋です。(笑)。



2009/09/01 (Tue) 05:50 | EDIT | REPLY |   

紅  

よっちゃんさんへ

残念ながら鯉はいないようですが、生き物が居れば、もっとこの公園にも注目が集まるかもしれませんね。

先日、アド街ック天国を見たら、日本初の親水公園で有名な江戸川区では、流れに金魚を3万匹放流、つかみ取りのイベントをやっているそうです。
息子さんのために、鯉のつかみ取りを企画してみようかな(笑)。
公園が市民のいコイの場となるためにも、もっとこの水場を活かせればいいですね。

それにしても、息子さんも見てくれているとは、ありがたいです。
どうぞよろしくお伝え下さい^^。

2009/09/01 (Tue) 05:18 | EDIT | REPLY |   

紅  

しんぼうさんへ

>雪透かし
情緒ある言葉ですよね。
情緒不安定な私が人前で話すのはちょっとはスカシいのですが、頑張りたいと思います^^。

2009/09/01 (Tue) 04:58 | EDIT | REPLY |   

山ヤ  

市民講座、がんばってください。
本当に地元を愛し、熱意が伝わってきます。

やはり公園も周りが自然なだけに、あまり利用しないのかな?

私の町も犬の散歩くらいにしか来ないかな。
自邸の庭に無いような雰囲気があればもっと見に来たりしてくれるのかな、紅の葉さん応援してます!

2009/08/31 (Mon) 02:03 | EDIT | REPLY |   

よっちゃん  

うちの息子が 一番上の写真に 鯉はいますか?と

質問しているんですが

紅の葉先生 よろしくおねがいします

2009/08/30 (Sun) 20:50 | EDIT | REPLY |   

しんぼう  

雪透かし、ですね
やはりその土地のことはその土地の人に聞くのが一番!
そんな頼れる地元の人たちが一人でも増えるといいですね
市民講座の大成功を願ってます

2009/08/30 (Sun) 20:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply