FC2ブログ

Welcome to my blog

庭の手入れ

透かしは風格をつくる(ゴヨウマツの手入れ)

goyousukasi (1)

作庭現場をお休みさせていただいて、春に下見をしていたお宅の手入れに。
しばらく手の入っていなかった、大きなゴヨウマツを透かします。
高さにして、8mほどはあるでしょうか。

goyousukasi (2)

下から見たところ。
かなり枝が混み合ってきているため、内部に風や日が通るようにしていきます。

goyousukasi (3)

透かしの程度。
新芽が出てきていますが芽は止めず、やわらかな状態に仕上げていきます。

goyousukasi (4)

最上部を残した状態で、1日目が終了。

goyousukasi (5)

翌日も行い、一日半で完成しました。
最上部の新梢は2mほどあり、これを止めた所を樹冠としたために、樹高は6mほど。
隣接する黒松(左側)も同時に手を入れたところ、二本で一本の木のように見えてきました。
二つの枝張りで8mほどになるため、横幅の広い、風格ある姿に仕上がったようです。

透かすと幹や枝が見えてきますが、木は小さくなっているのに、存在感は高まります。
風通しを良くする剪定には、木の風格を増す効果があるということです。
立派な木に手を入れることができ、植木屋冥利に尽きます。
関連記事