杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

印半纏

随分と久しぶりの更新です。

先月初め、リニューアルとなった新庭誌http://www.ksknet.co.jp/book/search_detail.asp?bc=05002189から、寄稿のお礼にと、特製の手ぬぐいをご寄贈いただきました。
手ぬぐいとくれば印半纏がほしくなります。
ということで、昨日出来上がってきましたのでお披露目です。

IMGP5734.jpg

モデルは、うちのヤングボーイです(笑)。
手ぬぐいにはカッコよく、「創舎」と書かれています。
これを付けたら最後、普通の作庭者ではなく創庭者となって、一生懸命庭の道に精進しなければなりません。

IMGP5737.jpg

せっかくなので、庭師らしく、手斧を持ってみました。
後姿もイナセ?です(笑)。
うちのヤングボーイは頑張るので、この半纏はこのまま彼に贈呈されました。

IMGP5739.jpg

ということで、初仕事。
印半纏を着る庭師らしく、今度は石道具を手に何かコツコツとやっています。
相手はかなりの大物ですが(笑)、いったい何をしているんでしょうか?

IMGP5716.jpg

そして、こんな物も。

IMGP5712.jpg

トカゲの遊び場?(笑)。

IMGP5725.jpg

ということでこんなものが出来上がりました。
これは、17日(土)、18日(日)に行われる産業フェア(二ツ井町)の目玉商品(笑)。
(昨年の様子はコチラhttp://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-72.html 

今年は諸事情で庭の展示を断念、変わって、スモールガーデンとして、「苔玉と土のコラボレーション(仮)」を展示することにしたのですが、せっかく植木屋が作るのだからと、苔玉も受け皿も全て手作りで頑張ります。

翌週の24日(土)、25日には能代でも産業フェアが開催されますが、いよいよ福岡造園も能代に進出、手始めに庭の写真展を行います。
植木屋がこのフェアに出展するのは、多分能代始まって以来のこと。
いつか業界の機運が盛り上がり、能代の地でガーデニングショーを行なえたら素晴らしい。
そんなことを夢見ています。

両フェアとも、この半纏を着た二人がお迎えします。
当日はまた楽しいことを考えるかもしれませんので、皆さんお誘い合わせの上、お越し下さい^^。

Comments 2

紅の葉  

しんぼうさんへ

学生時代のアルバムに、半纏に刈込み鋏を持った同期生の後姿の写真があって、庭師ってカッコいいなぁ!、なんて思ったものでした。
そんなことを思い出して写真を撮ってみたのですが、うちでは刈込み鋏をあまり使わないので、チョウナにしてみました。
このチョウナを使いこなせるようになったら、この半纏も似合うようになるのでしょうか。

これでいいのだ!
安諸さんのように言えるようになるには、どれだけの修練が必要なのでしょうね。
まだまだ、「ホントにこれでいいのか~?」と言ってるような私たちですが、ヤングボーイともども、頑張りたいと思います^^。


2009/10/13 (Tue) 20:11 | EDIT | REPLY |   

しんぼう  

先日川崎からいらした新光園の小林さんともチョウナの話題になりましたが、いつの間にかチョウナは庭屋の道具になってしまいました。安諸さんの影響はすごいですね

2009/10/12 (Mon) 18:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply