FC2ブログ

Welcome to my blog

庭の手入れ

八重桜の夏透かし

natusakura (5)

八重桜の剪定中。
暑い日が続きますが、木が大きいと車道に木蔭ができるので、道行く人々もありがたいことでしょう。

natusakura (1)

木漏れ日を見ると、どの程度の剪定をしているのかわかりますが、落葉樹の夏の手入れは軽く。
桜は横に広がるので、道路に出る枝や隣接木に障る枝を中心に剪定し、内部の枝も、風が通るぐらいに透かしています。
風が通れば日が通る。
日が通らなければ内部の枝や林床の下草も枯れてしまうので、採光のための手入れでもあります。

natusakura (4)

桜は通路を挟んで黒松と向かい合いますが、桜と黒松とでは桜の方が強いので、松の生育に支障が出ないように気を付けます。

natusakura (3)

桜と黒松の距離感。
来夏までの成長を考えて、1mほどの間隔を取っています。

natusakura.jpg

今春の開花の様子。
毎年、この時期にこの程度の剪定をしていますが、来年もきれいに咲いてほしいものです。
関連記事