FC2ブログ
庭づくり

着工

現場では今、庭づくりが始まっています。

hchattkou.jpg

まずは地割から。
植栽の配置や園路、土盛りのラインなどを確認しています。

Hchatkou (1)

重機や土壌改良材を搬入して、作業開始。

Hchatkou (2)

植栽地盤の造成。
設計時の土壌調査では(雨後)地下70㎝ほどで水が湧いてきましたが、天気が続くと、1mほどの所に落ち着いているようです。
このあたりがこの庭の地下水位ということで、雨が降ると30cmほど水位が上昇するということでしょう。

Hchatkou (3)

現状でこの水位を低くするのは難しいため、水が高低する部分を軽石層にして浸透力を高め、土壌中の余分な水は、埋設した通気浸透管に集まるようにして下層に排水させつつ、空気を土中に送り込むことで、継続的に土の硬化を防ぐという寸法です。

Hchatkou (4)

切土造成された表土には腐植層が無く、酸欠は起こしていないものの、バックホウも効かないような硬土。
この状態で樹木の健全成長は望めないため、木炭と細粒の軽石、バーク堆肥を漉き込んで、根の張れる環境を作っていきます。

Hchako.jpg

地盤造成完了。
土壌改良材を入れた分、元地盤より30~50cmほど高くなっていますが、地下の軽石層の上に1m以上の良好土層ができたということです。

hchakou (1)

そして、樹木の搬入。
道路から塀越しして入れ込みます。

hchakou (2)

樹木がおさまるところにおさまると、景色が一変しました。

hchakou (3)

4tトラック2台分はあった資材が庭におさまると、今度は石材の搬入。
これを人力でやっていると、搬入だけで1週間かかるでしょう。
開始から3日でここまでできたのは、まさに機械様々。
そして、援軍に掛け付けてくれた卒業生のおかげです。
関連記事