fc2ブログ

秋田県能代市で作庭を行う福岡造園のブログです。 日々の仕事や活動等の最新情報を載せていきます。

時の力

2008年06月15日
庭の風情 6
IMGP0069.jpg


作庭5年目の庭。
時間とはありがたいものです。
石積の上に張った苔が、だんだん下に下りてきてくれました。
作庭当初、石積を見せたいという作り手の欲が庭の雰囲気を硬くしていましたが、そんな作り手の未熟を、苔が優しく包み込んでくれています。

IMGP0197.jpg


水分けの石やゴロタ、護岸の石組にも苔が乗ってきました。
植えた時は小さかったミズ(ウワバミソウ)も水面にかぶさるほどになり、流れに陰影と奥深さを作ってくれています。
硬い石の庭の雰囲気を和らげる下草の存在は大きいですね。

IMGP0198.jpg


バードバス周りの護岸の石も、すっかりと苔で覆われてしまいました。
地コブのような苔の盛り上がりは、人の手で作るのは難しいです。
石は景色というより土を留めるためのものでしたが、人の手を感じさせるものは、苔で隠れてもいいのです。
自然に増えるものは増えてもいい、より、自然に近づいてくれればと思います。


「庭は、完成時に100とする」と言われる方もいれば、「庭は時とともに成長するもので、何年か後に完成する」と言われる方もいて、作り手によって様々です。
予算的な都合で100の完成度に出来ない場合もありますし、ご家族の楽しみを残しておくためにあえて完成させない場合もあります。
それとは別に、作り手の未熟で100に出来ないこともあります。
その庭の100がどの程度なのか、つくっている時にはわからないこともあったり、それがわからないから作りこみ過ぎて雰囲気を硬くしていたり・・・。
素材が庭に馴染む時間や、その場所にいることで深まってくる色や味わいなど、人の力ではなんとも出来ない「時の力」も100のうちに入るのだとすれば、それを計算して作れる人は凄い人、まさに神業です。

神業は神様の仕事。
「お客様は神様です。」という言葉がありましたが、この苔がこんなによくなっているのは、お客様の日頃の管理の賜物でもあります。
時の神様とお客様のおかげで、樹木や苔、下草が育ち、未熟な作り手の心と技も育てられていることを実感します。
技術を見せることで100にするのではなく、その庭にふさわしい技術を使いこなすバランスや、雰囲気や空気をつくることも100のうちです。
時の力は庭の空気を柔らかくしてくれましたが、同時に、硬かった私の頭も和らげてくれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作庭時の写真はコチラです。

http://www.shirakami.or.jp/~niwaya/04-bird-kotaki.htm
関連記事
FUKU
Author: FUKU
福岡造園HOME

五感で楽しめる暮らしの庭、創った庭から民謡や童謡が聞こえてきそうな、土地の風土と共にある庭を目指しています。

※記事中の写真や図の二次使用はご遠慮ください。

Comment(6)

There are no comments yet.

紅の葉

No title

北郷さん
ありがとうございます。

もっといいかげんな仕事をしたいなぁと思います。
2,3年経ってから、なんかこの石要らなかったなとか、線がキレイすぎるな、なんて思うことがあります。
技術不足で、石張りや石積の目地に隙間が出来てしまうことがあるのですが、後でそこからシダなんかが生えてきているのを見ると、ヘタクソな仕事もまたいいもんだな、なんて思ったり(笑)。
それを計算して、自然に出来るようになりたいですね。

>ミズの実の醤油漬け
これ、美味いんですよねぇ。
お酒が欲しくなりました(笑)。



2008/06/22 (Sun) 06:25

北郷

No title

私は、このお庭の作庭時の写真が、とても好きです。
石だらけなのに、石が出しゃばらずに緑と馴染んでいるように
見えます。ベースがしっかりした仕事だから、時間の流れが、
それを活かしているような気がします。

関係ないけど、ミズの実の醤油漬けも好きです。。。

2008/06/20 (Fri) 17:26

紅の葉

No title

しんぼうさん
昨年、うちの植木畑にもクマが出ました。
隣の杉林からもそもそと黒い塊が出てきたので、犬かと思ったら小熊でした。
カモシカやタヌキはいっぱいいますが、野生の熊を見たのは初めてです。
畑に植木を掘りに行く時も、覚悟を決めて行かなければなりません(笑)。

そんな所に住んでいますので、ウワバミソウなんかも、家の脇に普通に生えてたりします。
もちろん、ウワバミもたくさんいます。
家が湿地状態です(笑)。

2008/06/18 (Wed) 05:48

しんぼう

No title

先日山奥の沢に湿地の山野草を観察に行きました。それも一人で・・・薄暗くて怖かったです。もし何かがいるとしたら、熊かジェイソンか・・・と覚悟を決めてました。びくびくしながら観察してたので何も頭に入りませんでした。ウワバミソウ、見たかったな・・・

2008/06/17 (Tue) 22:26

紅の葉

No title

メグスリさん
こちらのお施主さんは、ピンセットで苔の除草をされています。
水遣りも毎日欠かさないので、驚くほど苔が盛り上がってきました。

庭の管理を心から楽しまれているのが、苔や下草にも伝わっているようです。
私がこの庭の主だとしたら、ここまで良くは出来ないでしょう(笑)。
作った庭を良くしてくれるお客様は、本当に神様ですね^^。

2008/06/16 (Mon) 07:10

メグスリ

No title

随分まめに管理されているのか
下草やコケが自然に覆って何年も前からあるような雰囲気ですね。

2008/06/16 (Mon) 06:24