FC2ブログ
イベント(作庭展等)

社会人と語る会

4
IMGP6312.jpg
(クリックすると拡大できます)

今日の北羽新聞に、17日に能代一中で開かれた「社会人と語る会」の記事が掲載されていました。
毎年恒例のこの行事には、その道で活躍する地域の職業人が講師として招かれるのだそうです。
今回は、警察官、弁護士、銀行員、美容師、庭師ということで、光栄にも、うちのヤングボーイにお声掛けいただき、講話と作庭実演をしてきたのでした。

印半纏に腹掛け、脚絆、手甲に地下足袋という、庭師の正装で参上したヤングボーイですが、さてどんな庭をつくったのでしょうか。

IMGP6245.jpg

開会前の静けさ。
この会は、事前に配布された講師のプロフィールを元に、生徒が希望する講師を選べるというもので、講師別に5会場が用意されていました。
開会は1時半からですが、事前準備のため朝から会場に乗り込み、効率よく作業できるように会場設営。
なんだか料理教室、という感じもしますが、3分クッキングならぬ30分ガーデニングで庭を仕上げなければなりません。

IMGP6248.jpg

会場前の廊下には、こんな演出が。
なんと、先日私が寄稿したばかりの新聞記事も張られていて、驚きました。
「自然と共在する庭師の仕事」
ありがたい言葉ですね。
自然を教材として庭をつくり、自然と共に存在していく庭師。
そんな庭師になれるよう、肝に銘じたいと思いました。

IMGP6272.jpg

ということで、こんな庭ができました。
苔や石に水を打ち、石臼から水を湧かせると、会場内に拍手と歓声が沸き起こりました。
生徒たちの熱い視線を感じながら、この緊張感の中で時間内に仕上げたのは立派です。

と、ここで、講師から生徒たちに庭の解説です。

「小さな庭ですが、物語があります。
真ん中の石臼は、能代が誇る世界自然遺産、白神山地。
その周りの苔は白神のブナ林を表わし、白神山地に降った雨がブナ林に浸透、浄化された清水が沢になり米代川になるということを表現しています。
そして、米代川の周りの石張りは能代の街や人を、街や人を包む苔は能代の街路樹や公園、庭などの緑を表わし、外周の小砂利は日本海を表わしています。

何重もの輪の形で構成されたこの庭のテーマは、「水と緑の環境の街 『わ(和・輪・環)』のまち能代」。
この小さな庭の中に、能代市のスローガンを表現してみました。」

「なるほどぉ!!」という声に、この講師の先生の顔も少し緩んだようです^^。



ということで無事終了、安堵の中、現場へと戻るヤングボーイでした^^。

教えることで教えられることがたくさんあります。
生徒たちばかりではなく、この若い講師も、大変勉強になったことでしょう。
お世話になった能代一中の皆さん、快く現場を抜けさせてくれたお施主さま、本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この会の詳細は、能代一中のHP 「社会人と語る会」のコンテンツでも紹介されています。
http://www.shirakami.or.jp/~icchu1/katarukai/katarukai.html

庭師コースはこちら  http://www.shirakami.or.jp/~icchu1/katarukai/sub5.html


関連記事

4 Comments

There are no comments yet.
すずちゃんさんへ 

紅の葉  

2009-11-25 19:22

こんばんは。
昨夜テンプレートを取り替えたばかりなのですが、栄えある第一号のお客さまは、すずちゃんさんでした。
賞品も無くてすみませんが、おめでとうございます^^。

職人の世界は厳しいものですが、庭づくりほど楽しいものは無いです。
私は家業なのでなんとなく入った世界ですが、今は天職と思っています。

日本の芸道などの修行を表わす言葉に「守・破・離」という言葉がありますが、
守は「守る」で、師匠の教えを守り基本を学ぶこと。
破は「破る」で、師匠以外の教えも請い、さまざまなものから学ぶこと。
離は「離れる」で、守も破も超えて意識せず、独自の境地を拓くこと。

職人の道もまた同じで、「離」の境地になってようやく一人前なのだろうと思いますが、その域に達するには後どのぐらい掛かるんでしょう。
気が遠くなりますね^^。

私と違いヤングボーイは、志を持ってこの世界に入ってきた若者なので、スタートの時点ですでに負けているかも(です笑)。
でも、彼の努力の数倍は努力するので、まだまだ彼には負けません。
これからも、師弟で、そんな張り合いっこをしていきたいと思います^^。

>産業フェア
今年は初参加で付きっ切りだったので、あまり周りを見て歩けませんでした。
来年は、ご主人さんの仕事も見に伺いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

EDIT  REPLY    

すずちゃん  

2009-11-25 11:18

紅の葉さん、お返事有り難うございます。
ヤングボーイが息子さんと思っていましたので、同じくらいの年齢かと思いましたら、まだまだお若い方でしたね!(^_^;) 【私はもう、末の娘が23才です。】
庭師さんと言うのは、職人の世界で、若い人から見たら「ダサイ」だのと思われてしまいがちな気もしますが、私たち人間も、大自然の1つの生命と思うと、素晴らしいお仕事だと思います。夫は、木材加工の機械を作っており、産業フェアでは「杉アロマ」のところで頑張っておりました。間伐材の活用など、あれこれ考えているようです(^_^;) お若いのに素晴らしい感性の紅の葉さんに感動しております。これからお庭の話などを教えて戴けたらと思います。ちなみに、ウチのお庭は落合のH造園さんが入っていますね。舅、姑さんが作ったお庭ですが。

EDIT  REPLY    
すずちゃんさんへ

紅の葉  

2009-11-25 07:17

ありがとうございます。
当日は私も半纏姿で準備を手伝ったのですが、中学生にはやはり、メタボなオジサンより、シュッとした若者のほうがいいみたいです(笑)。

実はこのヤングボーイですが、息子ではなく弟子なのです。
(ヤングボーイと呼ぶ由来はコチラ→http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-date-20090606.html )
職人世界にはまだ徒弟が残っていますので、社長と従業員ではなく親方と子方、または師匠と弟子の関係なので、彼も私の子であることには間違いありませんが^^。
私の子供はまだ8歳と5歳ですが、自分の子同様に、すくすくと育ってくれることを願っています。

>自然に、美しいも、美しくないもない。それを美しい、と感じる人の心が美しい。
新聞に書いた「山水に得失なし 得失は人の心にあり」という言葉は、尊敬する庭の先輩から教えていただいた言葉ですが、自分の子供が落ち葉を拾って喜んでいる姿を見て、それを実感しました。
自然は美しいものですが、名のある景色や名勝ばかりが美しいのではなく、道端に咲く野の花や苔むした石ころ、アスファルトに落ちる木の葉にも美はあって、何気ない自然のあり様を美しいと思う感受性の豊かさが美しいのではないかと思います。
木では無いと切られてきた橅の木がたくさんある白神山地は、世界遺産という価値が付いてから、多くの人の美の対象になったような感もありますが、山は昔から山で何も変わらず、それを見る人の心が変ってきたように思います。
白神山地にある木は身近な里山にもあり、里山にある木の中には街路樹になっているものもあります。
世界遺産白神山地と同様に、街路樹もまた、人々の心を癒してくれる宝物です。
「街路樹は『世間遺産』である」、と言われた方がおりましたが、私もそう思います。
すずちゃんさんのように、ふるさとの街の木を愛されている方の存在を知ると、本当に嬉しくなります^^。

時々、能代のまち歩きに参加しています。http://www2.city.noshiro.akita.jp/NSHomepage.nsf/cf794209293f669949256d0f000e4f29/596d8ad5836915064925746a00327191?OpenDocument
能代の街には素敵な所がたくさんありますね。
いつか街なかでお会いできる日を、私も楽しみにしております。

EDIT  REPLY    

すずちゃん  

2009-11-25 06:13

息子さん、頑張っていらっしゃいますね。
ビシッとユニフォームも決まってカッコいい!
PCの時代の現代っ子の生徒たちも、新鮮な気持ちで惹かれる子も居たのではないでしょうか。

福岡さんの新聞の記事で「自然に、美しいも、美しくないもない。それを美しい、と感じる人の心が美しい。」と言う内容が書かれてあり感動しました。
あの記事の翌日、職場へ向かう途中、堤防に車を止めて、サンピノまで歩くのですが、思わず、路に落ちてる落ち葉をケイタイで写しました!
私も能代市内ですので、いつかきっとお話できる機会もあるかと思います。

今夜は、息子さんの労をねぎらってあげてくださいませ。

EDIT  REPLY    

Leave a reply