FC2ブログ

Welcome to my blog

戯言

リフレッシュ

晴耕雨読を理想に掲げているけれど、手入れが集中するお盆前だけは、雨天も休日も関係無く。
そんなに若くもなく、身体に合わせた仕事の仕方を考えると、そろそろこの暮らしから脱し無ければと思いつつ、実際はそんなわけにもいかない。

HPを一新し、今後は作庭をメインとしてやっていきたいと、手入れ仕事は自社作庭の庭のみにさせていただいて、昨年から ご新規の手入れの受注を休止、造園に専念するべく朝市から撤退するなどしてきたものの、前半戦を終えてみれば、結局いつもと同じというか、いつも以上に手入れ仕事に回れていないという状況。

原因を考えてみると、コロナの休業や家族の入院、子供二人の進学、町内会の役員になったことの他、自分自身も怪我や病気で休んだ。
そんな中でも、行政への提案やボランティアもしていたのだから、時間が足りなくなるのも当たり前か。
加えて今年は何年ぶり、何十年ぶりの手入れの依頼があり、うちの先代が木を植えたと聞けば断れなくて、やっぱり伺えずにご迷惑を掛けている始末。
せっかくのお声がけを断ることや、いつ来てくれるの?という催促に答えることがストレスになり、そんなことの蓄積が体調不良の原因になっていたのかもしれない。
仕事に追い立てられない環境をつくるには、やはり仕事を減らすしかないだろう。
驕っていると思われるかもしれないが、やはり自分に合う仕事を選んでいくしかないと思っている。

asagao.jpg

ということで、仕事は今日からお盆休み。
お寺にお札をもらいに行こうと外に出たら、玄関脇の朝顔が目に入った。
いつから咲いていたんだろうと家内に訊くと、2,3日前から咲いていたらしい。

植物を扱う仕事をしているのに、わが家に咲いている花にも気付かない。
身近な花に気付ける余裕も無かったことに愕然とする。
お盆は心の余裕を取り戻すべく、心身をリフレッシュしよう。
関連記事