杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

門松

IMGP6537.jpg

年の瀬も押し迫ってきましたね。
年内の現場仕事も無事終了し、ただいま門松作りに取り掛かっています。

IMGP6530.jpg

せっかくなので、いろんな形の門松を作って遊んでいます。
門松は正月飾りの定番のようになっていますが、実はただの飾りではなく、お正月、年神様が家にやってくる時の目印なのだそうです。
昔は松の枝葉を玄関に置くだけの簡素なものだったそうですが、現在では様々な飾りも付いて、豪華なものになっていますね。
うちでは、あまり大きな物を作っても大変なので、コンパクトなミニ門松を作っています。
半分趣味でやってますので、いろんな形を作って楽しんでいます。

IMGP6542.jpg

定番タイプのもの。
これは、高さ70センチぐらいです。

IMGP6545.jpgIMGP6546.jpg

横型いろいろ。

IMGP6532.jpg

このタイプは、先日、市民プラザにも寄贈させていただきました。
(ブログで紹介いただいています。http://blog.goo.ne.jp/noshiro_mati/e/50c535efa36fc216affbc16f7b26011f


このミニ門松は販売もしています。
今週は、あさって25日の二ツ井市日(二ツ井商工会となりの福岡種苗園)と、27日の鷹巣市日(鷹巣駅側の一番端っこ)に出店予定です。
注文でも作りますので、お好きなタイプがありましたらお知らせください。
門松飾ってよいお年を。

Comments 4

紅の葉  

すずちゃんさんへ

今日は鷹巣の市日に出ています(^_^)。
ナンテンはよく玄関前の庭に植えられますが、やはり難転の縁起担ぎです。
ヤツデも植えられますが、ヤツデは「八手」なので、「八」の字が末広がりなので、これもまた縁起ものです。
また、昔から松は庭木の王様として愛されてきていますが、禅語に「松樹千年翠」とあるように、常に緑を保ち続ける松は繁栄の証とされてきたようです。
お正月はユズリハも添えますが、これなどは、ユズリハは新芽が一人前の葉になるまで落ちないことから「代々譲る」に掛けられているようです。
日々の生活習慣を楽しく洒落る感性を持った日本の文化、素晴らしいですね(^_^)。

さて、横型の太っちょさんは、その形から「太鼓型」と名付けています。
この太鼓型は茶道の花器の「釣船」という形を応用したもので、釣船は夏の花器で涼しさを助長させるようにするのですが、今は冬なので、花を入れる穴を小さくして水が見えないようにしています。
茶碗などでも、夏はガラスなどの薄手で広口の涼しげなものを、冬は楽焼きなどの厚手で口の狭いものを使いますが、この太鼓型もそんな感じで、あまり寒さを感じさせないように作ってみました。
また釣船は両サイドに付いた紐で吊るすのに対し、この太鼓型は底の部分を平らに削り、玄関脇の棚や窓際などにも置けるようにしました。
この門松は自社の植木畑で育てている孟宗竹を伐り出して作ってますが、太鼓型に使う竹は、太さで直径15センチ、長さ10mぐらいのものを使っていて、節の間隔の狭い根元部分しか使えませんので、一本から3個ぐらいしか採れません。
マグロのトロのように、ちょっと贅沢な一品ですね(^_^)。
花材も竹も自前なので、お値段は、太っちょさんで千円、細っちょさんで六百円とお手軽価格にしております。
俳句や絵手紙のネタに、おひとついかがでしょうか(^_^)。

ということで、お店に戻ります(^-^ゞ。

2009/12/27 (Sun) 10:04 | EDIT | REPLY |   

すずちゃん  

「門松」の由来、余り良く知りませんでした。
「南天」の赤い実が、白い雪に映えるから、南天を使ったと思っていましたが、『難を転じる』で『南天』とは!そういえば、前に聞いた事もあるような気もしましたが、改めて、『難転』かぁ、、と(笑)

コーヒーの缶と比較すると、大きさが分かりますね。
私は、上から二段目の写真で、横型の短い太っちょさんが好きです。
これでおいくらですか?

2009/12/26 (Sat) 12:11 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

すずちゃんさんへ

昔の門松は本当に簡素なものだったそうです。
松の葉だけだったものに松竹梅や難を転ずる南天などの縁起を担ぐものが加わり、サイズも段々と大きくなっていったようです。
現在の門松を昔の人が見たら、ビックリするかもしれませんね(笑)。
門松が何のためのものなのかを考えると、あまり派手にする必要もないのではないかと思います。
大きな門松はよく、料亭とか会社の事務所などで見かけますが、一般住宅の玄関先には大きすぎますね。
庭もそうですが、門松も、時代や文化、住宅の仕様、人々のライフスタイルで変わってもいいのではないかと思いますので、本来の目的を忘れないようにしながらも、もっと庶民感覚で気軽に楽しめるものになればという思いがあって、今回、試験的に作ってみました。

>今日は、たくさん売れたでしょうか?
予想外の売れ行きでした(笑)。
この門松は花器にもなりますので、終わった後で、いろんな花を入れて楽しめます。
皆さんも、お一ついかがでしょうか^^。


2009/12/26 (Sat) 09:35 | EDIT | REPLY |   

すずちゃん  

門松、と言うとやはり新しい年を迎える喜びや、引き締まった気持ちになりますね。このご時勢なのでなかなか門松までは用意する家庭も少ないと思いますが、せめて、コンパクトな門松で雰囲気を出したいですね。
今日は、たくさん売れたでしょうか?

2009/12/25 (Fri) 19:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply