FC2ブログ
庭の手入れ

屏風紅葉

byoubu (1)

軒下にあるモミジの手入れ。
高さは2.5m、枝張りはその倍あります。
枝張りはもともと1m程でしたが、5年ぐらい掛けて伸ばし、ここまでになりました。

モミジは建物と駐車場の間にあり、上には屋根があるという制約の中、左右側方は勝手口と道路までの空間が空いているため、そこにモミジの屏風をつくろうという計画です。

byoubu (4)

剪定前。
真ん中上方と右側方に徒長枝が見られますが、これは、窓の小屋根に障らないように抑えていることと、右側は日当たりに向かって伸びているということです。

byoubu (2)

5年掛かって、枝張りはほぼ空間を満たしてきました。
今後は、透かしで枝を交代させつつ、空いている所がまんべんなく緑で埋まっていけば。

byoubu (3)

側面から。
枝張りは5mありますが、幅は建物や車、人の通行に障らないよう、50㎝程度に抑えています。
樹木の枝は強く抑えられると伸びる性質があり、駐車場の方にも枝が伸びていると思いますが、このぐらいでおさまっているのも、日々、ご家族が手を入れられているからでしょう。
遠隔地なので年一度しか伺えませんが、年々状態が良くなるのは、植木屋として嬉しい限りです。

参考 梅の木の三面縮小~支障に対処する自然樹形~
関連記事