FC2ブログ

Welcome to my blog

ふるさと

晩秋の茂谷山

今年は七座の雲海も見れずじまい。
こればかりは、天気と雲と自分の時間が合わなければどうにもなりません。

そんな中、自宅周辺の山に掛かる雲を見て、茂谷山に掛かる朝靄を見てみたいと思い立ち、出掛けてみました。
林道を上り下り、10分程度で行けますが、1人だと少し心細いような所。
熊と遭遇する危険もあるので、けっこう覚悟も要ります。

moyasan (5)

ということで、到着。
山頂部に流れる雲を見ることができました。
これが、もっと下に降りてくることもあるのだろうか。
いつか、茂谷が峰が「靄が峰」になるところを見てみたいものです。

moyasan (4)

佇んでいると、右岸の落葉樹林に陽が差し始めました。
葉を落とした林は明るくて、その明るさが湖面に映し出されます。
左岸の針葉樹林とのコントラストが面白く、なかなか印象的な光景でした。

moyasan (3)

実は2週間前(11月15日)にも来ていて、その時はまだ落葉前。

moyasann.jpg

こちらは、昨年の11月27日。
今年は少し落葉が早いようです。
こうなると冠雪の風景も見たくなりますが、雪が降れば車で来るのは無理。
今年はこれが見納めになるでしょう。

moyasan (2)

2007年の2月、小雪の年に徒歩で行った時のもの。
もうすぐ茂谷山にも冬が来ます。







関連記事