FC2ブログ

Welcome to my blog

道具

くじら印の鉄製スノーダンプ(緑)

sunodan (4)

雪国の暮らしに除雪用具は必須。
今回の爆弾低気圧に備えて、傷みの目立ってきたスノーダンプを新調しました。

黄緑色は前から使っているタイプ。
雪も多く運べて、かつ、最も力の掛かる曲がりの部分に補強金具が付いているので丈夫です。

緑色は、今回見つけた新兵器。
鉄製で、黄緑よりも丈夫なつくりですが、以前、豪雪地で自衛隊が使っているのを見たことがあります。
ただ、良いものは高くて、なかなか手が出ずにいたところを、運よく、リーズナブルな価格で入手できました。

sunodan (8)
sunodan (9)
sunodan (1)

さっそく、実家の屋根で試運転。
平地の積雪は50㎝程度ですが、ここは風で吹き溜まるので、倍近くあります。

sunodan (10)

こちらは、同じ屋根を黄緑タイプでやった時のものですが、驚いたことに、疲れも時間も半分ですみました。
雪が1mも積もっていると、屋根に上っても身動きが取れません。
まずはスコップで居場所を作り、スノーダンプが稼働できる広さを確保することから始めますが、この緑のタイプは小回りが利くので、スコップの役目もしてくれます。
ということは、屋根への道具の上げ下げが一つ無くなるということで、身体の負担が軽くなります。

sunodan (6)

黄緑タイプは雪を多く運べますが、その構造から、直線的な動きしかできません。
それがこの緑タイプは横滑りが利くので、可動域が広い。
狭い屋根では、差して抜く勢いで回しながら投げ捨てられるという動作が可能です。

sunodan (7)

その秘密は底。
鉄板には縦線が無いばかりか、丸みがある。
これが横滑りを可能にしているのでしょう。

この「くじら印」の逸品は、豪雪地で鉄文化の盛んな新潟が生み出した優れもの。
良い道具は使うのが楽しくなりますが、できれば、使う機会が少ないことを祈ります。
いやそれでは道具が悲しむので、平地で子どもたちに使ってもらいましょうか。
関連記事