FC2ブログ

Welcome to my blog

庭づくり

庭が広がりました。

10
IMGP0230.jpg


作庭8年目の庭。
庭の隅にあった浄化槽が撤去され、空いた部分をどう活かそうかということで、鉢植えの山野草などを植えることになりました。
ありがたいことに、水道屋さんが、浄化槽を抜いた後に黒土まで入れてくれています。
浄化槽は勝手口から庭への通路も兼ねていたので、まず、既存の庭に合わせて道をつくることにしました。

IMGP0232.jpg


目地無し、モルタル無しで石を畳んでいきます。
この工法はセメントを使わないので、乾くまで待たなくてもいいのと、目地入れの作業が無いので仕事も早く出来ます。
そして、自然素材だけなので、環境にもいい。
でも、厚い石を大量に持ち込む上に、持ち帰る量もかなりなので、運搬とかたずけに手間が掛かります。
写真では見えませんが、手前には2トン車1台分の石が、山のように積まれています。

IMGP0233.jpg


ということで、何とか1日で仕上げることができました。
厚い石をガチッとかみ合わせているので、かなり頑丈です。
石を加工していないので目地の幅はまちまちですが、細かいことはあまり気にしません。

ここは落雪を受けるのと、除雪の通り道になるところなので、樹木は植えられません。
そんなわけで、冬期に地上部が枯れる、シャクヤクとギボウシを植えました。
下草が入るとまた、庭が優しくなりますね。
周りが土仕上げなのも、柔らか味があります。

IMGP0237.jpg


反対側から。
沢飛びの向こう側が、今回手を入れた部分です。
この石は、この町で産出する石なので、庭に馴染むのも早いです。
ここは自然に苔が生えるところなので、やがて、手前のあられこぼしのように苔目地になるでしょう。
庭が広がって、また楽しみが増えました。


しばらく手入れが続いていたせいか、つくりの仕事が出来て楽しかったです。
それにしても、今日は暑かったですね。
たまらず半袖になったせいか、日焼けで腕がヒリヒリ、腕が真っ赤になりました。
こんな日は、生ビールがたまりませんね(笑)。

※作庭時の写真はこちらです http://www.shirakami.or.jp/~niwaya/yamamichi.htm
関連記事

10 Comments

There are no comments yet.
No title

紅の葉  

2008-06-30 21:25

しんぼうさん
>知識も広がり、技術も広がり、アイデアも広がり、心も広がり、お腹も広がり
ナイスです(笑)。
前4つは自信ありませんが、お腹が広がることに関しては自覚あります(爆)。

今日も暑かったです。
今夜も、ビールの誘惑に負けている私です・・・。

EDIT  REPLY    

しんぼう  

2008-06-30 14:13

庭が広がれば、知識も広がり、技術も広がり、アイデアも広がり、心も広がりますね。お腹の幅が広がらないこと祈ります。笑

EDIT  REPLY    
No title

紅の葉  

2008-06-30 09:05

高見林業さま
こんにちは。
コメントいただきありがとうございます。

>気候や、立地、自然の摂理に合わせる
人も素材も、無理しないこと、自然に逆らわずに自然を受け入れることが、一番心地いいのではないかと思っています。

高見林業さんのブログにもありましたが、
>本質を忘れず、自然の摂理に従い、林業は林業らしく自然と共にあるべき
本当に、いいこと書くなぁ、と思いました。
私も、肝に銘じて頑張りたいと思います。

社長さんの前向きな思考と胃袋にはいつも脱帽しています。
お忙しく全国を飛び回られる日々のようですが、お体を大切に、そして,これからも、美味しい物をいっぱい紹介してください(笑)。



EDIT  REPLY    
拝見しました

高見林業  

2008-06-30 03:21

気候や、立地に合わせての植木の選定、自然の摂理に合わせての仕事、職人魂を感じました。

EDIT  REPLY    
No title

紅の葉  

2008-06-29 23:25

ドックさん、こんばんは。
ここは、車で5分で砕石場まで行けるので、とても便利です。
庭石用で無いのと近場なのでコストも安く上がりますが、地物を使うということに意義を感じています。
名前はありませんが、土地の色、土地のらしさを活かせる石なので気に入っています。

この苔は用意して張ったものですが、隣近所に同じ苔が生えていたので、これなら大丈夫だろうということで張りました。
苔も石も、そこにあるもの、その地のものが一番ですね。

EDIT  REPLY    
No title

ドック  

2008-06-29 23:00

名もなき石も命を吹き込まれた感じのする、自然体のすばらしい庭ですね。
私もできるだけモルタルを使わずに庭を造りたいと思っています。
苔の感じがいいですね。
私のほうは、湿度が低いので苔はとても難しいです。
羨ましい限りです。

EDIT  REPLY    
No title

紅の葉  

2008-06-29 11:48

メグスリさん
>いっそお隣さんのお庭までいけるといいですね
妙案です!
家と家を石畳で繋いだら面白いですね。
家の境をブロック塀なんかにせず、露地の中門のように枝折戸なんかにしてね。
「こんにちは。枝豆持ってきました!」なんて枝折戸開けて隣の家のテラスに行ってビールを飲む、最高ですね(笑)。
集落や町内の家々が庭の道で繋がっているというのも素敵です。
どこかでやってみたいですね。

EDIT  REPLY    
No title

紅の葉  

2008-06-29 11:38

藤の葉さん、こんにちは。
この石は白神山地の周辺から採れる石です。
秋田で有名なのは鳥海石や男鹿石ですが、この石は造園用ではなくて、ほとんどが舗装用の砕石にされます。
名も無き石ですが、好きな石です。

>14%の倒れそうにおいしい地ビール
ビールは大好きです!
あんまり美味しくて倒れそうになるなんて、素敵過ぎますね(笑)。
岐阜にはまだ行ったことがないのですが、出かける楽しみが増えました^^。

EDIT  REPLY    
No title

メグスリ  

2008-06-29 08:56

石畳で庭に奥行きができ、自然石なので馴染みますね、
いっそお隣さんのお庭までいけるといいですね

あっこれはわたしがいつも思う事でした・笑

EDIT  REPLY    
No title

藤の葉  

2008-06-29 02:47

力みのない優しいお庭ですね。
この石はなんと呼ばれている石ですか?
岐阜には博石館ビールというアルコール度数
14%の倒れそうにおいしい地ビールがあります^^。
恵那御影の産地の地ビールです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply