fc2ブログ

秋田県能代市で作庭を行う福岡造園のブログです。 日々の仕事や活動等の最新情報を載せていきます。

「能代市の古木名木」改編

2023年12月24日
街の緑2(緑の提案と啓蒙:地元紙・専門誌掲載記事)
2023古木名木 (1)

2014年に地元紙・北羽新報に寄稿した『横綱たちの潜む森~けやき公園の知られざる魅力』という記事。
「お寺を守った最前線のケヤキ」や「奇跡の街路樹」のことを紹介し、「能代市の古木名木」への追加登録を提案しました。

2023古木名木 (10) 

5年後、けやき公園のことが市議会一般質問で取り上げられたことを機に、能代市に直接提案(提案の②)。

2023kobokumeiboku.jpg

能代市からの回答書(2019年3月)。
「ケヤキ群」としての指定や古木名木をホームページでPRしていくことを検討する旨の返事をいただきました。

2023古木名木 (1)

2021年に行った提案。
同年1月、日吉神社のケヤキの枝が折れたことを機に、古木名木を治療するための助成制度の策定を提案しました。

2023古木名木 (2)

このことについては同年の3月市議会でも提案があり、助成制度については、今後、実施をしている他市の例を参考に検討すること、古木名木のPRについても言及があり、一覧を市サイトで紹介するための準備を進めていることの答弁がありました。

そして、2023年3月に、助成制度を盛り込んだ「能代市古木・名木保全事業実施要綱」が告示され、PRについても、8月1日付で、「能代市の古木名木」の一覧が公開されました。

けやき公園はリストの2番目に出てきますが、今回の改訂により、これまでの「西光寺跡のケヤキ 」が「西光寺跡のケヤキ 群」に変わっています。
説明にも、
「都市計画事業に伴い昭和63年に萩の台に移転した西光寺は、約320年間この地にありました。境内整備の過程で植え立てられた木々が、公園内や国道101号の街路樹として今に残り、最大のケヤキは樹齢300年以上、幹周囲は730cmにもなっています。また、北側の7本のケヤキは昭和24年の第一次能代大火の際、お寺への延焼を防いだとも言われ、今も幹に焼け焦げた跡が残っています。」との文言が加わりました。

実は、市サイトでの公開を知ったのはつい先日のこと。
10年掛かりでの実現はとても嬉しくて、思わぬクリスマスプレゼントになりました。
私にプレゼントをもたらしたのは、市議会で取り上げられた議員さんはじめ、理解ある皆さま方のおかげ。
ここにあらためて、感謝を申し上げます。

kobokumeiboku2023.jpg 2023古木名木 (3) 2023古木名木 (4)

SpecialThanks:お世話になった方々
淺田嘉美さん(けやき公園の計測)、高濱遼平さん(古木名木の助成に尽力)、樹木医の吉田豊史さん(日吉神社のケヤキの診断と治療)

関連記事
FUKU
Author: FUKU
福岡造園HOME
福岡造園のfacebookページ

五感で楽しめる暮らしの庭、創った庭から民謡や童謡が聞こえてきそうな、土地の風土と共にある庭を目指しています。

※記事中の写真や図の二次使用はご遠慮ください。