fc2ブログ

秋田県能代市で作庭を行う福岡造園のブログです。 日々の仕事や活動等の最新情報を載せていきます。

日本語って難しい

2024年01月18日
戯言
アレの治療について、病院から請求書が送られてきました。
この件での受診は1月5日(1日目/検査)と12日(8日目/追加処方)の2回ですが、どちらも院外対処だったために会計はできず。
対応の看護師さんに訊くと、支払いについては後日連絡をするということで、まずは1回目の請求書が届きました。

日付は1月10日なので、検査の5日後に発行されたものですが、文書を見て気になったことがひとつ。
タイトルが「診療費未払いの連絡」になっていたことに、違和感を覚えました。
「未払い=未だ払っていない」という意味ではその通りで、事実としては合っています。
ただ、アレの場合は払いたくても病院に入れてもらえないので、いきなり「『未払い』になってますよ」と知らせるのはちょっと違うのではないか。
宛名は私と家族になっているので、本人が払えない時にはご家族がお願いしますということだと思いますが、同居家族も7日目までは発症する可能性があるとのことで、この時点では誰も外出できません。
せめて、「発症から7日目以降にお支払いください」と書いてくれればいいのですが、8日目でも病院には入れなかったので、ウイルスの排出が減ると言われる「10日目以降」ぐらいにしてくれると親切ですね。

病院事務と一般事務はいろいろ違うようですが、一般常識としては、事前に見積書や請求書や納付通知書で金額を知らせ、それで支払いが遅れれば、未納であることを知らせると思います。
金額を知らせずに未払い通知を出すのは少し乱暴なように思うのですが、いかがでしょう。

ということで、発症から13日目に行ってみると、今度は入れたので、2回分の診療費を納付。
ついでに、この一件を病院に話し、連絡文のトップに「未払い」を使わず、『診療費のお知らせ』程度にできないかと提案しました。
そうすれば、個々の事情に関わらずやさしい通知になり、利用者に誤解や不快感を与えずにすむのではないかと。
これについては納得いただけたようで、文面を変更したいとのことでよかったです。

この時聞いた話では、この文書についての指摘は初めてだそうです。
私の相方なども特に気にならず、普通の事務連絡と受け取っていますが、これまで誰一人として指摘をしていないとなると、自分がおかしいのか?という気持ちになってきます。
こんなことに異を唱える自分がヘンなのか?
なぜ、別にいいじゃないかそのぐらい、と思えないのか。

考えてみるに、これは、そうした事務連絡を自分も書くからでしょう。
日々、町内会の回覧板やクライアントへの連絡で、書き出しをどうしよう?どんな表現が適切で相手に失礼にならないかで毎回悩むので、そんな経験のある人は「?」と思うのでは。
などと分析したりしていますが、文章って、日本語って本当に難しいですね。

常日頃、文書でも口頭でも気遣いのある言葉を使いたいと思っていますが、なにぶん本を読まないので語彙力が足りません。
もし私の言動で「?」と思うことがあったら、その時は遠慮なく教えてくださいませ。
納得できることであれば直しますので。

20201015071336aff_202401211252031ef.jpg

ニャっ得できたので安眠。

関連記事
FUKU
Author: FUKU
福岡造園HOME
福岡造園のfacebookページ

五感で楽しめる暮らしの庭、創った庭から民謡や童謡が聞こえてきそうな、土地の風土と共にある庭を目指しています。

※記事中の写真や図の二次使用はご遠慮ください。