fc2ブログ

秋田県能代市で作庭を行う福岡造園のブログです。 日々の仕事や活動等の最新情報を載せていきます。

庭の雪解け

2024年02月18日
庭の風情
240220kai.jpg

雪解けの庭を訪問。
落雪溜りが、山の尾根のようで面白い。
不整形な裾野の広がりと、雪裾と庭石の関わり。
それが、山裾に広がる街並みのようにも見える。

人工物(屋根と庭)が作り出した景色ではあるけれど、解けていく風情は計算できない。
人が作れない景色、人智を超えた風景に出会うと、感動を覚える。

240220h (2)

雪角から顔を出した三日月のベンチ
こうして見ると、雪溜りの高さと三日月山の高さが合っている。
これは、計算通りだったので嬉しい。

240220h (4)

もう一つのベンチも顔を出してきた。
雪は直線で解けない。
石の直線と、ランダムな雪のラインの関わりを面白いと感じる。

240220h (1)

雪濡の石が乾く途中。
そこに陽が当たった時の石肌が、なんとも言えず美しい。
この計算外もまた嬉しい。

240220h (6)

瓦の造形と陰影。
日と影と雪がつくり出す景色は庭のごちそうだ。

240220h (3)

蹲踞台石の「撫で肩」が心地いい。
これが気に入って、この石をここに据えた。
後石(背景の石積み)の山なりと、その後ろにある山型の石のラインは、この撫で肩に合わせている。
今日は、そこに樹影が降りてきた。

雪解けの庭は、雪化粧とは違う美しさ。
陰影が加わると、とても風情がある。
点検で来たのに、楽しんでしまった。

240220h (5)

日差しを浴びる大黒さん

三世の庭
関連記事
FUKU
Author: FUKU
福岡造園HOME
福岡造園のfacebookページ

五感で楽しめる暮らしの庭、創った庭から民謡や童謡が聞こえてきそうな、土地の風土と共にある庭を目指しています。

※記事中の写真や図の二次使用はご遠慮ください。