fc2ブログ

秋田県能代市で作庭を行う福岡造園のブログです。 日々の仕事や活動等の最新情報を載せていきます。

3度目の正直

2024年03月20日
ふるさと
2023yaku (1)

2月、3月は町内会月間。
役員会→総会→引継ぎ会→臨時総会と、その度にせっせと資料を作っては会議を開き、議長をするという日々でした。
会議が終われば報告書を作って全戸に配りますが、この配布は、「決め事は等しくみんなに知らせよう!」と、二度目の会長時代に始めたこと。
決めたわけではないのに定着した感があるのはありがたく、1周回って、3度目の会長としてまた配っているという次第です。

良いことも悪いことも、続けば「慣例」になっていきますが、旧態依然とした悪しき習慣になっていることも、世の中にはたくさんあるでしょう。
記憶はあいまいなもので、口頭伝承されている慣例などは、時が経てば解釈も人それぞれになり、どれが正しいのか判らなくなる。
そして、なにか問題が起こった時、それぞれが正当性を主張すれば諍いになり、誰も何も言わなければ、問題は解決しない。
そんな無益なことを無くし、共通理解のもとで町内会を運営しようとしたのが、決め事を文書化して配布するという取り組みでした。

記録が残っていれば、誰かが忘れても誰かが覚えている。
「記憶より記録」と言った人がいましたが、まさに、だと思います。

地元行政に街路樹の改善を提起した時、ある方から、「時間を掛けて悪くなったものは、良くなるにも相応の時間が掛かる」と言われたことがありました。
思えば、適正管理の体制ができるのに掛かった時間は12年
自身の体験から、慣例を変えることの大変さは身に染みていますが、不具合に愚痴を言い続けるよりは、公言して変えた方が身体にいい。

ということで、今回の総会と臨時総会では、あいまいだった慣例を今に合わせたものに変え、それをルール化しました。
同時に、役員に集中する仕事を分散させて、会員個々が、自分でできることは役員に頼らず自分でやるという制度も提案。
議案のほとんどが通ったのは、みな同じ思いを持っていたからでしょう。
以前から変えたいと思っていたことですが、3度目の正直ならぬ、3度目の会長でそれが実現したのは嬉しいことでした。

自身の任期は終わったので、この改善は新年度への置き土産になります。
次の人たちのために作ったものですが、報告書の配布のように、それが次へ次へと続き、やがて、自分もこの体制で役員をする時が来るでしょう。
良い循環と良い慣習が続いて行けばと思います。

2023yaku (2)

共に頑張ったBoardMemberには、記念写真を贈呈。
3年後に、また逢いましょう。



















会議には案内と資料が付き物で、総会案内、総会資料、総会報告書、引継ぎ資料、臨時総会案内、臨時総会資料、臨時総会報告書をそれぞれ作成しました。




庶務と議長と書記をこなすのは大変ですが、無事、3度目の会長職を終えることができました。

以前は、出席者しか会議の内容を知りませんでしたが、


「情報は等しく伝えよう!」と始めた報告書の作成配布も、4年目にして定着した感。
会議の決め事は

3度目の

2023yaku (2)
関連記事
FUKU
Author: FUKU
福岡造園HOME
福岡造園のfacebookページ

五感で楽しめる暮らしの庭、創った庭から民謡や童謡が聞こえてきそうな、土地の風土と共にある庭を目指しています。

※記事中の写真や図の二次使用はご遠慮ください。