杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

街中の景観を考える

今日は午後から打ち合わせで能代市内に行きました。





途中、市民プラザに寄ったところ、先日、長女と応募した街なか景観写真展が開催されていました。

展示の写真には公園や街路樹などの緑の景観が多く、緑に対する市民の皆さんの関心の高さがわかります。
私と長女の写真も数点展示されていましたが、写真の出来は別にして、自分たちの撮った場所が景観として認められ、採用されたことをとても嬉しく思いました。




気を良くして市民プラザを後にしましたが、直後に見たのがこの景色。
畠町のプラタナスの街路樹です。

この通りでは、毎年9月に、全国各地の祭りが集う「おなごりフェスティバル」が行われ、県内外から多くの人々が訪れます。
街路樹の剪定もまた、それに合わせて行われているようですが、夏場に丸裸にされたこの状態は、世界自然遺産白神山地の街能代にはあまりふさわしくない景色です。

今年はアメシロが大発生していますのでそんなことも事情としてあると思いますが、これではせっかく能代を訪れた方々を失望させてしまいます。
ここは県道、管理者は県ですが、もう少し、木に優しく、景観に配慮したやり方をしていただけないものかと、秋田県民として強く思いました。

Comments 4

紅の葉  

すずちゃんへ

公共工事を行う業者さんは国家資格を持つ方々ですので「ど素人」ということはありえません。
たとえば業者が「ど素人」のような仕事をしたとして、なぜそうなるかといえば、役所の仕様(依頼内容)がそれを求めているか、あるいは要求の完成度のレベルが低いか、または仕様自体が存在しないために業者が迷ってしまうという状況なのではないかと思います。
これは意外と知られていないことですが、造園の国家資格には実技試験がありませんから、実務経験に乏しい業者さんが受注した場合など、明確な剪定仕様が無ければ判断に迷うでしょうし、木は丸く刈り込むものだという先入観で仕事をしている業者さんなども、自然樹形の剪定を理解するには時間がかかるようです。
いずれにしても、発注側が明確な仕様を示し、業者を監督検査するという当たり前のことをやるということが大事なのではないかと思います。

すずちゃん、明日、二ツ井に来られるのですか?
古い蔵の喫茶店とえば「MoMo」ですね。
とても雰囲気のある所なので、ゆったりとした気分になれるかと思います。
川向かいの銀杏神社もいいのですが、明日は雨みたいですね。
わからなくなったらお電話ください(^-^)。

2010/09/11 (Sat) 18:18 | EDIT | REPLY |   

すずちゃん  

不思議。。。

街路樹の剪定をする時、役所の方でも、まさかど素人に頼む訳ではないと思うのですが、何故、こんなにも「無知」な剪定をしてしまうのか不思議に思います。

紅の葉さん、12日、二ツ井に行く用事が出来ました。夫の用事が済む間、二時間ばかり二ツ井散策をします。古い蔵の?喫茶店を教えてもらいました。あまり二ツ井に行く機会はないので、楽しみにしています♪

2010/09/10 (Fri) 22:11 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

すずちゃんへ

街では今、おなごりフェスティバルに合わせて掃除なども行われてますが、街路樹もまた、おなごりに合わせて剪定されています。
訪れる人たちに気持ちよく能代に来てもらうために街中をきれいにしようという一方で、その街中にある木は醜い姿にされてしまうという現実。
人は丸裸にされると恥ずかしいですが、丸裸の木ばかりが並ぶ街は市民県民にっても恥ずかしいはずです。
厳しいことを言いますが、管理者である行政は自分たちの無知を恥じ、街路樹がなんのためにあるかを裸一貫から勉強しなおすべきではないかと思います。
苦情が来たからと事務的に処理するのではなく、その対象が生き物であるという認識を持つことから初めていただきたいですね。

この前のブログでも書きましたが、今、二ツ井の街路樹で、元から切られた木の再生法を研究観察しています。
オオヤマレンゲも、根が腐らない限りは再生すると思いますので、もう一度育ててあげてみてください。

2010/09/10 (Fri) 13:09 | EDIT | REPLY |   

すずちゃん  

丸裸!

今朝、サンピノへ向かうとき、上町でもプラタナスが剪定されてる最中でした。素人には、どういう剪定がいいのか悪いのかwかりませんが、とにかく樹に優しい、樹にとって一番良い剪定をして欲しいです。

我が家の中庭の大山レンゲの樹、あまりにも大きくなりすぎたので切ってしまったのです。中庭は明るくなりました。しかし、大山レンゲも逞しいものです。新しい大きな葉っぱがたくさん出てきました。

あ~生きてるんだな、と、その生命力に胸を打たれました。

2010/09/09 (Thu) 23:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply