杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

東京、緑のトンネル

先日上京した際、いいなあと思った街の緑を少しご紹介します。

IMGP9134.jpg

有楽町駅の近く、国際フォーラムという所です。

知人との待ち合わせ場所を探すうちにフラフラと迷い込んでしまった所ですが、あんまり雰囲気がいいので待ち合わせを忘れ、どんどん進んでしまいました(笑)。
この日は暑かったせいか、つい、ここの木陰を体が無意識に求めてしまったようです。

大きな建物に負けじと枝を伸ばすケヤキがとても気持ちいいです。
右側にもガラス張りの建物があり、ここはその間に挟まれた空間です。
ケヤキは、民家にも合うし近代的な建物にも合うという素晴らしい樹木ですね。

IMGP9220.jpg
表参道から明治神宮に向かう道路の街路樹です。

中央線まで伸びる枝が緑のトンネルをつくっています。
大きな木がある街並みは本当に美しく、風格がありますね。

こんな景色を見ると、やはり街に木は必要だと思わされます。
どちらの景色とも、落ち葉の苦情がとても小さく感じられる、素晴らしい街並みでした。



Comments 4

紅の葉  

すずちゃんへ

ここからもうちょっと行くと原宿の駅ですよ。私にはあまり縁のない街ですが(笑)。

明治神宮は、学生時代、毎年1月15日に参拝していました。この日の早朝、挌技関係の体育会が大学から明治神宮まで走るというのが慣例で、参拝の後は恒例の「青山ほとり(大根踊り)」で締めました。明治神宮は、そんな思い出深い場所です(笑)。

都会の緑が伸び伸びとしているのは、この街の木をどんなふうにするのかという確かなビジョンを持っているからです。苦情もあるでしょうが、そんな苦情よりもビジョンのほうが優先される。ここまで美しいと、逆に切ったほうが苦情が殺到するでしょうね。
能代も、きちんとしたビジョンを持ち、木がここまで大きくなって街路樹が街の名所になれば、そんな風になると思います。大木にも小さかった時がある。街の木を、愛情を持って大きくしてあげたいですね。

鈴ちゃん、今度、秋に東京に行くことがあったら、神宮外苑のイチョウ並木を見てきてください。感動ものですよ。
それでは今夜は、明治神宮を選んだ鈴ちゃんに乾杯です^^。

2010/10/16 (Sat) 20:08 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

都会なのに、樹木がのびのびとしていますね。
能代よりも樹木が育っているのが驚きです!
(畠町は街路樹が寂しい感じ)

3月に東京へ行って、息子に「東京タワーか、はたまた明治神宮か」と問われて、「明治神宮」を選んだのでした。原宿と言う賑やかな街のそばに明治神宮があり、都心だと言う事を忘れました。

空気も清浄で、歴史ある日本の宝と思いました。カキツバタが咲く頃は新緑もどんなにきれいな事でしょうか。

2010/10/15 (Fri) 22:41 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

タキさんへ

田園調布の駅前、確か行ったことがるような・・・、でもどんなだったか思い出せません(笑)。
私が東京にいたのは20代のころでしたが、その時は街の景観などにはあまり目が行っていなかったのでしょうね。今度、上京した時にでも案内してください^^。

>意識が違う
そうですね。意識の高さは街並みの姿にそのまま表れますから、街の緑の有り様は市民の意識レベルを表す鏡ですね。
電線の支障になるからとすべての枝をブツ切りする所もあれば、電線に障る枝だけを外し、木の中を電線が通るようにしている所もあります。いろいろ問題があるのは日本全国どこの街でも同じ、ではどうしていけばいいか、どうしたら人と木が共生できるのか、どうすれば予算をかけずに美しく維持していけるのか、意識を持って考えればすぐ解決できることもあるのですがね。でも、若いころの私のように、街路樹に対する関心や知識がないだけなのかもしれないので、そんな方々のためにも、我々植木屋の側が知る機会をつくってあげたらいいのではないかと思います。

越智さんの個展、素晴らしかったですよ。こちらも、今度ご一緒しましょう。

2010/10/15 (Fri) 08:44 | EDIT | REPLY |   

タキ  

田園調布の駅前の銀杏並木もよかったですよ。伸びた枝をただきるだけではなくて町の景観はもちろん、木の性質、電線や建物への影響、落ち葉の対策など色々問題はあると思いますが、管理の意識の高さが違うなと感じました。
越智さん、素晴らしい方ですね!そういう人が沢山いて嬉しくなりました。

2010/10/15 (Fri) 06:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply