杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

土塀講習会

この夏、東京の安諸定男さんの土塀講習会に参加したヤングボーイの指導の下、私も土塀づくりに挑戦してみました。

IMGP0089.jpg

まずは土の下ごしらえから。
お金をかけずにある物を活かすということで、うちの植木畑から出る赤土に雪囲いで使った縄くずを切り刻み、ワラがバラけるように揉み込んでいます。
ワラから縄をつくる工程の逆です(笑)。

IMGP0079.jpg

刻んだワラを赤土に混ぜ、馴染みをよくするために足で踏みます。
本当は裸足で踏むのだそうですが、寒いので長靴で失礼します。

踏み込むうちに粘りが出てきます。
なかなか足が抜けなくなり、長靴が脱げそうになりました。
裸足でやることの意味は、こんなところにもあったんですね。

IMGP0087.jpg

ピアノを弾いているように見えますが、土を塗り込んでいます(笑)。
関東などでは小舞は竹ですが、秋田は竹が自生しないことから、古い土蔵の骨組みには木が使われています。これを木舞というそうです。
今回は土地のもので作るということがテーマなので、骨組みには秋田杉のタルキやツタカケを使いました。
それにしても、粘りのある土は本当に重たいですね。
土踏みと塗り込みで大汗かきました。
これが寝かせた土なら、もっと粘るのでしょうね。

IMGP0093.jpg

仕上げは先生にお願いしました。
見よ、このなめらかな手さばき(笑)。

土仕事は面白いですね。
泥遊びをしていると童心に返れます。
ということで、今日はとても楽しい一日でした。
それではみなさん、Have a nice 泥 !(笑)。




Comments 2

紅の葉  

鈴ちゃんへ

ナイス泥、座布団10枚ありがとさんです(笑)。
でも、ナイスのスペルを間違えて、さっき直しました(爆)。
土塀づくり、私は全くの素人なので、あ~でもないこ~でもないとやっています。いつか現場で試せる時まで、まだまだ練習しなければですね。
ここは室内なので、雨風は防げます。
近くまで来ることあったら覗いてみてください(^ー^)。

2010/12/22 (Wed) 14:38 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

先日は有難うございました。
いや~紅の葉さん、ナイス泥~♪に座布団10枚!(爆)
土塀造りと言う技があるんですね!
これぞ!職人技!と言う気がします。
職人技であり、芸術ですね!
この土塀、雨や風に倒れてしまわないですか!?
今日は小春日和?でしたから汗も出たことでしょうね。お疲れ様でした。ビールが美味しかった事と思います。

2010/12/22 (Wed) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply