杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

きみまち阪

大震災から一週間。
幸い、秋田県は東北の中でも被害が軽く、被災地からの受け入れや現地への支援が始まっている。
能代市からも、連携都市である岩手県大船渡市に向け、救助隊の皆さんと共に救援物資が運び込まれた。

直接的な被害は少ないが、燃料不足や物流停止は、こちらでも深刻な問題だ。
コンビニやスーパーの棚は空きが目立ち、ガソリンスタンドも閉店状態。
年度末の公共工事なども延期されている。
うちでも、待ちに待った3月着工の仕事が、材料入手の目処が立たず待ちぼうけとなっている。
例年はそろそろ外しに回る雪囲いも、この吹雪ではまだ外せない。
他の現場もあるけれど、燃料が無いことにはどうしようもない。

仕事をしなければ収入は無い。
収入は無いが義援金の案内は来る。
貧乏人にはけっこうなプレッシャーだ。
そんな中で、被災地のために何をしてあげられるのか。
節電と燃料の浪費を抑える。
今はそのぐらいしか出来なくてとても申し訳ない思いでいる。

蓄えを食いつぶす冬がようやく明けると思った矢先、また冬に逆戻りの感。
しかし、家族そろって生きていられていることを、今は幸せに思わなければならない。

IMGP0974.jpg

今朝は6時から24時間のスタンドの前に並ぶ。
今日はタンクローリーが来るそうだ。
8時に開店とのことで、近くのコンビニで朝飯を買い時間を潰す。
店には人が少ないが、コンビニの駐車場は満杯。
みなスタンドが開くのをここで待っているのだろう。
8時まではまだ1時間以上ある。
迷惑なので場所を移動することにした。

8時にスタンドに向かったが、タンクローリーは来ない。到着も未定。
あきらめて町内のスタンドを回るが、みな閉まっている。
年寄り子供のため、せめて灯油だけでも分けてほしいが、今の状態では我慢するしかない。
買い控えではなく、今必要な燃料さえ手に入らないのが現実。
日本が大変な事態になっていることを実感する。

IMGP0934.jpg IMGP0936.jpg

写真は、時間つぶしに寄ったきみまち坂。
そろそろマンサクも咲くころだと、ちょっと寄ってみた。
ちょうど、トンネルの上の辺りの斜面に一面に咲く。
雪をかぶってはいるが、高い枝にちらほらと黄色い花が見えた。

春の来ない冬は無い。
毎年、この花が咲くのをそんな気持ちで待っているが、今年はこの花を見ても、ちょっと気分が重い。
雪がフワッと乗ったマンサクはとても風情があるが、この花の力を持ってしても、今の気分を変えるには弱いようだ。

IMGP0946.jpg

きみまち阪の向かいには七座(ななくら)山。
きれいだ。本当にきれいだ。
きれいだとしか言いようがない。

IMGP0956.jpg

吹雪から一転、朝日が射してきた。
米代川の水面に映る山の色が深い。

IMGP0964.jpg

桜の枝の間から見る。
抑揚ある山肌の陰影が雪の白さで強調される。

この町には長いこと住んでいるが、こんなにもこの山をきれいだと思ったのは生まれて初めて。
「山水に得失無し、得失は人の心にあり」
とはよく言ったもの。
非常事態ではあるけれど、自然を美と思える心が自分にあることを喜びたい。
故郷に美しい景色が残っていることに感謝しよう。

IMGP0968.jpg

来た道を振り返ると、この景色。
大自然が創り出す造形は美しい。
朝の静けさの中、ため息が出てくるような美しさだ。

自然は美しい。
本当に美しい。
自然はこんなにも美しいけれど、自然の力は恐ろしい。
大自然の猛威の前では、人間はなす術がない。
しかし、そんな中でも、我々は強く生きていかなければならない。

給油を待つ間、被災地の同業仲間のブログを携帯で見た。
しんぼうさん、よっちゃん、植吉さん、キタさん、みんな無事でよかった。
しかし、この美しい景色の前にいる自分とは違い、彼らは今現在、生々しい現実の真っ只中にいる。
そんな人たちに今、どんな言葉を掛けてあげたらいいのか、掛ける言葉が見つからない。
被災地の現状は本当に深刻で、心が痛む。

しかし皆、生きて無事でいることを喜びたい。
彼らは希望を失っていないばかりか、自分が大変な時でも周りを気遣い、人々を助けに回っている。
本当に頭が下がる。
彼らの行動を誇りに思う。
この誇り高き東北の庭師たちの頑張りに、逆にこちらが励まされている。

ガソリンも灯油も買えなかったけれど、今日は一期一会のいい景色を見れた。
「きみまち阪」という名前は 東北巡行中の明治天皇(君)を気遣う皇后さまの手紙がこの地で先に「待って」いたことから名付けられたもの。
東北の庭師の皆さんにも、いつかこのきみまち坂の景色を見せてあげたい。
その日が来るまで、手紙を書いて待っていよう。

Comments 2

紅の葉  

しんぼうさんへ

本当に、本当にお疲れさまです。
地震に津波に原発、福島は本当に大変ですね。
皆さんに一日も早く平穏が訪れることと、この地で再会できることを心から祈っています。

2011/03/19 (Sat) 20:09 | EDIT | REPLY |   

しんぼう  

きみまち坂ツアー参加予約一番乗りでーす
実現しましょう!ありがとうございます!

2011/03/18 (Fri) 20:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply