FC2ブログ

Welcome to my blog

庭の手入れ

マテバシイの透かし

8
今日は一年に一度のマテバシイの透かし。
常緑広葉樹の高木が少ない当地にあって、暖地性の高木を透す機会は少ない。
昔取った杵柄とばかりに、シイやカシの木を手入れしていた東京時代を思い出し、七夕さまのような気分でこの木に登る。

シイの木もいろんな種類があるけれど、東京時代はスダジイの手入れが多かった。
マテバシイは枝が荒いせいか、透かしでも、樹冠を整えていくのが難しい。
毎年、去年よりも自然に、今年こそもっと柔らかく、との思いでこの木に登る。
そんな意味では、手入れの中でもかなりモチベーションの上がる木であり、その年の自分の力量を図るバロメーターにもなるという貴重な木です。

IMGP2167.jpg

ということで、今年はこんな感じになりました。
樹高7mほどの木ですが、柔らかく、柔らかく、とにかく柔らかく、切ったことがわからないように、そんな思いでやっています。

IMGP2158.jpg

中から見たところです。
この木は隣家との目隠しでもあるので、手前をサラッと、後ろは濃い目に、幹吹きなども残しています。
枝で抜いていくので、この程度でも軽トラック1台分ぐらいの枝が出ます。

所要2時間。
手間のかかる松の木が多い中、気分転換にもなる木です。
明日はヤングボーイが、得意のイトヒバの透かし、私は1日がかりのクロマツを。
明日も暑いけど、頑張ろう!

関連記事

8 Comments

There are no comments yet.
TELさんへ

紅の葉  

2011-07-28 17:38

ごぶさたです。
いつまでも若い気でいますが、年を取るといろんな所にガタが来るようです(笑)。

常緑広葉樹の少ない秋田ですが、マテバシイの他にも、タブやサンゴジュ、モチ、モッコクなどは時々見かけます。
これらの木と仕事で出会った時、暖地性の木をどの程度透かしても大丈夫なのか、関東とは気候が違うので、どの時期にどの程度の濃淡にしたらいいのか、難しいです。
植木屋は生き物相手の仕事、手入れも奥が深いですね。
体にガタの来る年ですが、まだまだわからないことだらけ、私も日々勉強です。
鎌倉は暑いと思いますが、頑張っていきましょう。

EDIT  REPLY    
鈴ちゃんへ

紅の葉  

2011-07-28 11:51

刈り上げ、当時は流行の最先端だったんでしょうね(笑)。
その頃、男子は床屋さんに行くと、なぜか鼻にお白いを付けられました。
私はその風習の謎が気になります。
今度その床屋さんに聞いてみてくださいませんか?(笑)。

「磨く」という字は、「石」の上に「木」が2つ入りますね。
石と言えば、「家路」の「石のような孤独」。
自身を高める自分磨きは孤独です。
石ならぬ強い意志と意識を持ち、木々に寄り添うのが、植木屋として技を磨くことになるのかな。

木々は嬉々、笑えば危機を回避できるとも言いますね。
歌って笑って、今日も楽しく過ごしましょう(笑)。

EDIT  REPLY    
お久しぶりです。

船越  

2011-07-27 20:11

鎌倉のtelです。膝の方大事にいたらなくよかったですね!
マテバ秋田にも植わってるですか?!自分の勉強不足もあり知りませんでした。。今度帰るのが楽しみになりました‼日々勉強ですわ(笑)

EDIT  REPLY    
刈り上げカット

鈴ちゃん  

2011-07-25 23:16

庭師さんに、ヘアスタイルの話で恐縮ですが、剪定と散髪はどこか似たようなものを感じます(笑)

柔道や野球の世界なら、『五厘』ですよね、昔なら(笑)

子供の頃、『刈り上げ』と言う髪型していました。
おかっぱ頭なんですが、後頭部を斜めに、それこそ、五厘くらいで、刈り上げるんですよ。

今、思うと、あんな無茶苦茶なカットがあって良いものかと思います(爆)
床屋さんの世界でも、やはり、技術磨き、というのはされているようですね。

やはり技術屋さんと言うか、職人さんですよね。

いつも、ショートコント、有難うございます(笑)
笑いは免疫力をあげます。がん予防、有難うございます(笑)

EDIT  REPLY    
鈴ちゃんへ

紅の葉  

2011-07-25 22:52

マテバシイは、能代では東能代駅構内の庭で見ることができますよ。
外からでも見えたような。
旅行や見送りの時にでも見てみてください。
風の松原には、スダジイのあるお寺もありますよ。
たしか、モミジのお寺の向かいあたりです。

マ・テ・バ・シ・・・
河戸川はカドガ、大内田はオヂダですが、又衛門橋はマデバシ?
能代弁て、そごまで略すんだスにゃ~(笑)。

それはそうと、鈴ちゃん、ショートカットにしたんですね。
私も学生の頃は、五厘刈りとか五分刈りのショートでした。
もう、ショート―前の話です(笑)。
せっかく深いい話をしてくれたのに、こんな返しですみません。
夜も遅くなってきましたので、この辺でショート―にしたいと思います・・・

EDIT  REPLY    
珍しい樹ですね。

鈴ちゃん  

2011-07-25 00:37

『マテバシイ』と言うタイトルを見て、一瞬、能代の地名かと思いました。

赤沼辺りに、『又ェ門橋』と言う地名があり、『マデバシ』となまって呼ばれていたので間違いました。

『透かし』と言う技、素敵ですね。
先日から『透かし』を読んでて、私の行く床屋さんと似てると思いました。単に『髪を伸ばしたいんだ。』と言って、只、伸ばしているだけではカッコ良いロングにはならないと。長くしながら、時折、鋏を入れてやることで、毛髪に空間が出来、カッコよく形が整いながら、伸びてゆくのだと。うう~~ん、深いいお話。
庭師さんと似てますよね。

長くしたかったのですが、やはり、暑くなったらショートに逆もどり(笑)短くカットするにあたっても、私の顔の輪郭に合わせてくれ、満足しました。

どこやら、庭師さんと床屋さんは、鋏を武器にしてるだけに、似ていると感じた次第です。

マテバシイ、能代では見かけない面白い葉っぱをしていますね、、、、。
いつも、木々の興味深いお話、有難うございます。

EDIT  REPLY    
しんぽうさんへ

紅の葉  

2011-07-24 07:05

しんぼうさん、ありがとうございます。
なんとか現場復帰できました。
体はまだ暑さに対応できていませんが、ビールには対応できています(笑)。
ビールが美味しいということは有難いことですね。
美味しくいただける体でいられるよう、体調管理に努めたいと思います。

まだまだ暑さはこれからですね。
体調に気を付けて、暑い夏を乗り切りましょう。

EDIT  REPLY    

しんぼう  

2011-07-24 01:54

復活しましまね。退院おめでとうございます

紅さんのやる気をひしひしと感じます

いきなり飛ばさずにゆっくり本調子に移ってください!

EDIT  REPLY    

Leave a reply