杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

IMGP2225.jpg

曾孫である長女が、祖母への思いを込めてつくった灯ろう。
せっかくなので葬儀の祭壇に供え、喪主の挨拶の中で、祖母の生き方と併せて紹介させてもらった。

灯ろうには「絆」の字。
「絆」には、「繋がり」や「縁」という意味がある。
まさに、この104年の人生で、祖母が大切にしてきたことそのもの。

生き様は死に様、人は生きてきたように死んでいくのだという。
明治、大正、昭和、平成と四つの時代を一生懸命生き抜き、自分よりも家族のため、人のために尽くした祖母。
そんな生き方を象徴するように、たくさんの方々が見送りに集まってくださいました。
本当に、ありがとうございました。

IMGP2246.jpg

先日紹介したギボウシは、天地を繋ぐ「絆」の役目があるのだそう。
そんなことを思わせるような、今日の夕陽。
地球も人も、境が無い。
みんな、つながってるんだね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーお知らせー
本日より、造園業務を再開いたしました。

Comments 0

Leave a reply