FC2ブログ
徒然

還る

4
P506iC0042140039.jpg

現場近くにある古い土蔵。
朽ちかけた様子に心惹かれ、時々見に行ってました。

P506iC0042205578.jpg

当地では竹が自生しないので、小舞は木で組まれています。

P506iC0040960364.jpg

土蔵の壁は、身近にある土や砂、砂利、ワラで出来ています。
小砂利の浮き出た感じがなんともいい按配ですね。

IMGP0512.jpg

先日、現場の様子を見に伺った際に寄ってみると、なんと、蔵の影も形もありません。
あるのはカボチャやジャガイモの畑だけ。
蔵はいったい、どこに消えてしまったんでしょうか?

IMGP0514.jpg

何の気なしにこの畑の土を見ると、土にはなぜかワラが混じっていました。
ワラは稲ですから、田んぼにワラがあるのは当たり前ですが、畑にワラ?
このあたりの表土は黒土です。
でもこの土は赤土。
!!
この畑はもしかして?

当たり前のことですが、土蔵の土って、土に還るんですね。
こんな姿を見たのは初めてです。
壁の役目を終えた壁土は元の土に還り、そこであらたな命を育んでいました。
自然素材って、本当に土に還るんですね。
先人の暮らしの知恵、当たり前の循環に感動です!


関連記事

4 Comments

There are no comments yet.
No title

紅の葉  

2008-08-31 10:37

こちらにも、おしゃれな土蔵のカヘがあり、時々カへリに行ってます(笑)。
この店のお勧めは野菜カレー、とても美味しいのですが、ちゃんと貨幣を持っていかないと、カヘてくれません(笑)。
(※ 「カヘる」は秋田弁で、「食わへる」→「食べさせる」という意味です・笑)。

EDIT  REPLY    
メグスリさん

紅の葉  

2008-08-31 10:09

>目立たずに馴染む
いいですね。
目立たないけど、なんとなくそこにある。
目立たないけど存在感がある。
そんな土蔵のような人間に、私はなりたい(笑)。

この畑には枝豆もありました。
黒ビールの研究にはもってこいですよ(笑)。

EDIT  REPLY    

しんぼう  

2008-08-30 18:25

今日は雨なので土蔵作りのオシャレなカへでお茶してました。こちらではこれをカへルといいます

EDIT  REPLY    
No title

メグスリ  

2008-08-30 17:27

還った土でできた作物は歴史を感じる味?だったりして
自然素材ってほんとすばらしいですね!
庭の中にはいっても目立たずに馴染んでくれます
そんな自然素材のある庭がいいですね

黒ビールの研究している場合じゃないですね・笑

EDIT  REPLY    

Leave a reply