杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

造園者たる者

景観のことを「ランドスケープ」という。
そして、景観を創造すること、すなわち「造園」のことを「ランドスケープ‐アーキテクチャー【landscape architecture】」という。

IMGP3639.jpg IMGP3637.jpg

写真は、子供の通う小学校の前にある街路樹。
数年前、剪定する木の印として付けられた青いテープが、はげそうになりながらもまだ頑張っている。
そして、そのテープが外されることなく、新たに赤いテープが巻かれていた。
剪定が始まる予告だ。

公共物に必要として付けられた物は、管理者である行政の許可なく外すことはできない。
いまだに付いているということは、まだ必要だということなのだろう。

この街路樹管理に携わるには、造園の資格が必要。
造園はランドスケープアーキテクチャーで、ランドスケープは景観。

樹木に巻かれたテープは、景観として美しいからそのままなのだろう。
こんな光景は、能代でも二ツ井でも見られる。
もし、能代市管内だけで行われているとしたら、とても恥ずかしくて情けない話だ。

こんなことに気づかない管理者も情けないが、仮に、受注前に管理者が付けたものだとしても、景観の創造者たる造園者が関わった仕事ならば、検査が終了した時点で、外すことを進言しなければならない。
それが、造園者の責任であり、それが責任施工というものだ。

仕事が終わればそれで終わりではない。
役所がやったことだから関係ない、ですむ問題ではない。
公共の仕事は万人のための仕事。
役所のための仕事ではない。
誰のための、何のための仕事なのかを、管理者も施工者も、真剣に考えなければならない。
こんなことが、自分のした仕事の汚点として、自らの故郷に、いつまでも残って行くのだ。

景観の創造者が、こんなことに気づかないはずが無い。
造園の資格とは、いったい何のためにあるのだ。
造園とは何か、景観とは何か、自分の仕事が何をするものなのかを考えれば、自らが取るべき行動はわかるはずだ。

見て見ぬふりをするのも同罪。
我々、造園に携わる者は、造園者としての、ランドスケープアーキテクトとしての誇りを持ち、日々行動しなければならない。
そうすれば、日本の緑の景観は必ず良くなる。
造園者たる者、明日の日本の緑を創るために、頑張って行こうではないか。

Comments 2

紅の葉  

ていゆうさまへ

ていゆうさん、はじめまして。
拙い記事へのコメント、誠にありがとうございます。

>国民の想像力の問題
大変申し訳ありませんが、どのような意味なのかよくわからないでおります。この問題に対し、国民はどうして行けばいいのか、どうすれば変わるのか、具体的なご意見をお聞かせください。このような議論を求めての問題提起ですので、ご遠慮なさらずに、字数の許す限りお書きください。
またよろしければ、成功例などもご存知でしたら、お知らせくださると助かります。

せっかくですので、コメントから感じることを少しだけ述べさせていただきますが、「国民」という言葉については、今回問題としている街路樹のテープについては、街路樹の管理者である行政あるいは業者の仕事の不始末かと思われますので、税金で行っている公共工事の尻拭いと国民の想像力の問題とでは別物のような気がいたします。この問題を国民の責任にしてしまったら、それこそ、行政や造園界の恥になってしまうのではないでしょうか。
自分のした仕事ではなくても、造園業者のしたことではなくても、樹木に関わる仕事についてなにかあれば、市民の目は造園業者全般に対して向けられます。そんな意味で、今回の記事は、造園界の信用のためにも、造園に関わる方々が問題意識を持ち(管理者も造園の資格保持者ですから造園関係者として含みます)、誇りある仕事と行動を望むという意味で書いたものです。

ていゆうさんが「国民」という言葉を出されたのは、私が「日本の緑」と書いたことを受けてのものと思われますが、私は、日本の緑を変えるのは地域からだと考えています。全国的に行われている街路樹のブツ切りなどは、業者の技術や意識、予算の低さばかりではなく、市民の苦情や行政の無知からも起こっています。このような現状は地域によって違いますので、「国民」に問う前に、市民レベルでの問いかけが必要かと思います。そのような意味もあり、地元の問題に即した啓蒙を行わなければと、地元紙などに寄稿しているところです。

「ていゆう」さんは、漢字にすると「庭友」 さんになりますね。街の緑は市民県民国民の「庭」ではないかと思うのです。全ての方々が、この庭を友と思えるようになったら素敵ですね。そんな世の中になるよう、共に頑張って行きましょう。またコメントいただけましたら嬉しく思います。

※街路樹の景観や成育を阻害する物については、以前に地元紙に書き、この寄稿が元となって改善されました。コチラ→http://blog-imgs-24-origin.fc2.com/k/o/n/konohanoniwa/IMGP4063.jpg

2011/11/18 (Fri) 17:33 | EDIT | REPLY |   

ていゆう  

プロ意識もさることながら、国民一人一人の想像力の問題なのでは…。

2011/11/17 (Thu) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply