杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

埼玉県久喜市視察

視察2日目の昨日は、日本で初めて街路樹条例を制定した埼玉県久喜市へ。

この条例を提案されたのは、久喜市市議の石川忠義さんですが、二年前、全国の街路樹事情を紹介した「日本の街路樹を考える~小さな街路樹サミットin能代」を開催した際に条例の展示をお願いしたというご縁があります。

条例制定後、市の街路樹の姿や管理体制はどう変わったのか、これから能代の緑の条例制定を考える私としてはぜひその現状をこの目で確かめたく、今回、石川さんに久喜の街中を案内していただくことになりました。

kuki2
(久喜市役所)

初めに向かったのは久喜市市役所の議会事務局。
こちらの応接室で街路樹条例の資料を見せていただきながらお話を伺いました。

久喜市では街路樹条例制定後に市町村合併があり、新市になるにあたってこれまで制定された条例の見直しも行われたそうですが、幸い街路樹条例はそのまま継続されることになったものの、市の範囲が広まったことで、これまでそのような条例が無かった周辺市町との温度差があり、合併の弊害が出ている感が否めないとのことでした。
これは、合併を契機に、ブツ切りが横行していた旧能代市に対し、旧二ツ井町の側の私たちが管理法の見直しを求めていったこととは全く逆のパターンです。

旧能代市と旧二ツ井町は対等合併ではありますが、人口比率や町の規模からいっても旧能代市の方が圧倒的強く、良くも悪くも能代のやりかたが二ツ井を抑えているような感じを受けていました。そんな中で、能代の体制に組み込まれた感のある小さな二ツ井から大きな能代を変えて行くのは本当に大変で、市が見直しの方針を出すまでに三年の月日を要したことを思うと、環境意識の高い自治体と低い自治体との温度差を埋めて行くことの難しさというものを、石川さんのお話を聞いてあらためて感じました。

IMGP4342.jpg

一通りご説明いただいた後、条例が反映された実際の街路を見せていただくことに。
いろいろご案内いただいて一番印象に残ったのは、市役所前のイチョウ並木です。

IMGP4344.jpg

この街路樹は、数年前に強く切られ、その後再生されたもののようですが、現在は良好な状態が維持されており、自然樹形を活かした優しい姿になっていました。
イチョウは久喜市の市の木とのことですが、このイチョウ並木を挟んだ向かい側には文化会館もあり、近代建築にも調和した美しい緑の景観をつくり出しています。
久喜市を訪れることがありましたら、ぜひ見ていただきたいポイントです。

IMGP4358.jpg

また、街中には「イチョウ通り」という街路もあり、かなり長い距離のイチョウ並木もありました。
こちらは市役所前とは違い、神宮外苑を思わせるようなキッチリとした樹形ですが、以前は腕ぐらいの太さで切られていたものが指ぐらいの細い枝で剪定されるようになったようです。

私としては、落葉樹の枝先を切り詰めるのは、枝の太い細いに関わらず、小枝を残さずに枝の途中でブツっと切ればそれは「ブツ切り」で「透かし」とは呼ばない、という解釈ですが、これは能代の街路樹剪定にも言えるのですが、このあたりの明確な基準というものが示されていないことから、細かな所は業者の技術力に任せられているというのが一般的です。

ただ、透かしを当たり前にやっている植木屋が落葉樹の枝先を刈り込むことはありませんが、刈り込みに馴れ、枝先を切り込むことを何とも思わない業者の意識改革や技術向上のためにも、このような細かな所まで仕様書に組み入れることをしていかなければ、公共剪定のレベルというものは上がっていかないのではないかと思っています。

能代に緑の条例を作りたいと視察に訪れた久喜市でしたが、条例化すればすべてが解決するというわけではなく、「適正」の基準をどこに置くかという判断の難しさと、多種多様な価値観を持つ市民がいる中でそれを行っていくことの大変さを知った思いです。

石川さんは現在40代ですが、25才で市議に初当選されたという、全国で一番若い議員さんだったとのこと、日本一若い議員さんが全国に先駆けて街路樹条例を作った気概と、ふるさとの自然環境を守りたいという思いをひしひしと感じました。

いつか街路樹サミットをやりたいね、という話にもなりましたが、このような出会いから、次に繋がっていけばと思います。
お忙しい中、時間を作っていただいた石川議員さんには本当にお世話になりました。
教えていただいたことを地元に活かせるよう頑張ります。

Comments 2

紅の葉  

山口さんへ

山口さん、いよいよですね。
人と緑の共生を実現できるのは我々植木屋だけです。
木の都合と人の都合、どちらのことも思いやりながら、その中で植木屋は悩む。
でもそれも、大切な植木屋の仕事だと思います。
天才バカボンのパバも植木屋ですが、「これでいいのだ~」と言えるようになるには「これでいいのか~?」の葛藤を何度も繰り返さなければならないようです。
私もバカボンのパパ目指して頑張ります(笑)。
山口さんの良心と熱い思いが人を動かし、木々が救われます。
本当にありがたいです。
ブログ、楽しみにしています。

2012/01/31 (Tue) 12:48 | EDIT | REPLY |   

山口です  

福岡さん、地元中学校着工しました。
ブログにアップする予定ですので、お手隙のときにでも見てやって下さい。
まずは身近な中学校からよくしていきたいと思います!!
一歩ずつ。。

2012/01/30 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply