杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

幸せの丘

残り物には福がある。
ということでやってみた版築塀の試作でしたが、またまた材料を使い切ることが出来ませんでした。
せっかくなので、もう一度、福にあやかることにします^^。

IMGP0841.jpg

今回の試作はこれです。
名付けて、ハッピーヒル。
訳して、幸せの丘。
またの名を、福岡と言います(笑)。

IMGP0847.jpg

山に行くと、表土が滑落して、下の層の赤土や岩盤がむき出しになっている小さな崖をよく見かけます。
そして、そんな崖の脇には小さな流れがあったりします。
今回作ってみたのは、そんなイメージです。

IMGP0834.jpg

風化してこぼれ落ちた土は下に溜まりますが、そんな様子も表してみました。
壁は、赤土を主体とした版築ですが、土留めを土でやるというのもまた面白いものですね。

IMGP0835.jpg

伐採した幹を利用して、橋を掛けてみました。
山沢の雰囲気が出ているでしょうか。


身近な里山や田園の中にも、作庭のヒントはたくさんあります。
作庭の源流は自然にあり。
自然は庭師の師匠ですね。

ということで、明日から福岡造園は、社名を「ハッピーヒル」に変更したいと思います(笑)。
今後とも、よろしくお引き立てのほどお願いいたします^^。


※試作の庭ですが、展示場を兼ねています。
 見学希望の方は、お気軽にお越しください。
IMGP0843.jpg

Comments 4

紅の葉  

しんぼうさん

地元の土で土地の味を出せたら最高ですね。
もともと地味な性格なので、こんな庭が私には合ってるのかもしれません(笑)。
こんな庭で幸せになってくれる人がいたら嬉しいです。
そんな人、募集中です(笑)。

2008/09/12 (Fri) 07:46 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

メグスリさん

想像力に乏しいため、実物大の物をつくってみないとわからない私です。
資金力にも乏しいため、お金の掛からないものでやっています。
今度ババヘラも呼んでおきますので、4t車で遊びに来てください(笑)。

2008/09/12 (Fri) 07:34 | EDIT | REPLY |   

しんぼう  

No title

「山と渓谷」の専門誌かと思った!
すごい、すごい
‘福をか’んじました!

2008/09/11 (Thu) 21:34 | EDIT | REPLY |   

メグスリ  

No title

わォ!またまた大技ですね。
創ろうと思ってもなかなかできない景です。

いつかジューンべりーぶら下げて行ってみます!

2008/09/11 (Thu) 19:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply