杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

サクラの冬期剪定

剪定見学会でサクラの手入れをしたばかりですが、今度は仕事でサクラの剪定です。

sakura2.jpg

校庭に植栽されたサクラの木ですが、樹齢60年ぐらいでしょうか。
樹高も10mぐらいあります。

sakura 3

よく見ると、こんな枝が無数についています。
この、グジャッとした枝がテングス病枝。
今回はこれを外す仕事です。

sakuira1.jpg

テングスを除去しながら、枯枝や切り残し枝、隣地越境している枝なども外していきます。

sakura4.jpg

隣地側はかなり太い所で切り詰めなければならず、枝数が減る分、手前側の枝は残せるだけ残してあげます。

IMGP4899.jpg 桜7

幹がまるきり越境していた所などは、敷地側に向く低い枝と更新しています。
更新する枝は幹の太さの3分の1ぐらいと言われていますが、だいたいそのぐらいの太みの枝を残しています。
もちろん、殺菌剤に墨汁を混ぜていますよ^^。

ここ二日ほど晴れ間が続いていますが、冷え込みがかなり厳しいですね。
-5℃以下だと、仕事始めは手が冷たくて泣きたくなります。
時折り木から下りては、ホカロンで手を温めながらの仕事です。



Comments 0

Leave a reply