杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

自然樹形ということ

IMGP5006.jpg

地元の学校にあるヤマモミジ。
植えて20年ぐらい経つけれど、これまで一度も手を入れていない。

山の木を植えれば山と繋がる。
広い空間のある所では、木を大きくしてもいい。
山の木だから、剪定もいらないし雪囲いも必要ない。
これが、土地に合うということだ。

伸びたいように伸ばしてあげれば、自然とその木らしい姿になる。
それが、自然樹形ということ。


設計の樹種選択の時、このことを話した。
まだ20代だった。
こんな若造の生意気を、よく聞き入れてくれたものだと感謝している。

そして、20年の時が経っても、それをわかって手を入れないでくれている。
本当にありがたい。

IMGP5007.jpg

上空に向かって伸びるモミジの枝。
この柔らかさ。
これが山の木の魅力で、自然樹形であることの心地よさ。

よく見れば、細枝が枯れた跡はあるけれど、木が自分で落とした枝はそのままでいい。
それが自然。

生き生きとした木を見ると、とても気持ちがよくなる。
木はこんなふうに植えてあげたい。

これからも、気持ちのよくなる仕事を残していきたい。

Comments 0

Leave a reply