杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

シバザクラの庭

しとしと降りが心地いい雨の日、長くかかった庭づくりも完成したところで、一息つくにはちょうどいいお天気です。
ということで、今日は現場を休みにして、一日、庭の下見や打ち合わせに回りました。

STEI 2

途中、作庭後10年近いこの庭に寄りました。
久しぶりに訪れた庭ですが、あいかわらず、シバザクラの美しさには見惚れます。

シバザクラは一面に咲く明るい花色が魅力的で、洋庭によく使われるイメージがありますが、意外と苔や山石を使った和の庭とも合うんです。

STEI 1

飛石や庭石は鳥海石ですが、良い感じで苔が乗ってきています。

STEI3.jpg

苔がこんなに良くなっているのも、日頃のお施主さんの手入れのたまものです。
本当に良くなってきました。


ということで、小雨のシバザクラの庭を見て、とても気持ちが良くなりました。
今日は6件の打ち合わせや下見をこなし、明日からまた現場。
一つ一つ、丁寧に仕事をしていきます。

Comments 7

紅の葉  

鈴ちゃんへ

指揮者には、演奏者の士気を高める裁量も必要ということですね。
四季を楽しめる庭の指揮者になるため、いろんな識を高めたいと思います

2012/05/18 (Fri) 07:31 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

指揮者と聞いて、、、、。

先日、音楽番組で、『心を鍛える音楽道場~指揮者・広上淳一と弟子たち』と言うのを見ました。

音楽大学のまだ若い学生さんに、広上氏が指揮を教えると言う内容ですが、それはそれは、厳しいものでした。プライドもズタズタにされるような、指揮する学生の内面に迫るものでした。(もちろん、愛情のある指導)

オーケストラが、『この指揮者のためなら、さぁ、弾いてやろうじゃないか!』と思われるような意気込み、熱意で振りなさい、と言うようなことであった。上手くまとめようとか、こじんまりとまとめるな、と言うような、、、。

何の仕事でも、熱意、情熱って大事だと思います。
『お庭』、、と言う作品の指揮者として頑張って下さい!

2012/05/16 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

鈴ちゃんへ

鈴ちゃん、唸りましたか(笑)。
そうですね。庭はオーケストラですね。
演奏はハーモニーが大切ですが、指揮者の未熟をカバーしてくれる庭は本当にありがたいです。
音楽は、曲も詩も物語のように繋がっていますが、庭で大切なのも、調和や繋ぎだと思います。
演歌でもよし民謡でもよし、ポップスでもクラッシックでもよし、さまざまな音色を奏でられるような庭の指揮者目指して、これからもがんばりたいと思います。
ちなみに私は、小学校の鼓笛隊では大太鼓を担当いていました^^。

2012/05/16 (Wed) 21:03 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

野崎さまへ

ご訪問いただきありがとうございます。
今朝がた、「今月の庭Ⅰ-2」の記事にいただいておりますコメントも同じ内容かと思いますので、こちらの方でお返事させていただきます。

お問い合わせの鋏は、昨春書いた「前http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-350.html」という記事に付けたものですが、これは秋田県内の加治屋さんで打っていただいたものです。
たまたま現場の向かいに加治屋さんがあったことから店を見学させていただき、鋏も打たれるとのことだったので、試しに打っていただきました。
店には見本の鋏が置いてありましたが、私の手には少し重く、少し軽めにしていただいたのがこの鋏です。
出来あがるまで、2カ月ぐらいかかったでしょうか。

この時伺った話では、確か地元で修業されたように聞いております。
名字も、野崎さまの言われる方とは違います。
しかし、その方の師匠筋などで繋がっていたり、何か影響を受けることなどがあったとしたら、とても興味深い話ですね。
連絡先は忘れてしまいましたが、お店の名前は覚えておりますので、調べればわかるかと思います。
私のメルアドを入れておきますので、必要でしたらメールの方でお知らせしたいと思います。
必要の際には、どうぞお気軽にお声掛けください。

2012/05/16 (Wed) 19:41 | EDIT | REPLY |   

野崎 幸夫  

初めての事でお伺い申し訳ございません。 鋏のことで教えてください-

延べ段脇のシバザクラがさらに優しさを増してますね。

-初めての事でお伺い申し訳ございません。
鋏のことで教えてください-

はじめまして
こちら神奈川県茅ヶ崎からはじめてお便りいたします。
(有)プリムローズ・湘南企画工芸の野崎というものです。

私は、現存する各地の現役鍛冶屋さんの鋏を若輩ながら調査収集しています。先般ネットで検索中こちらのサイトに巡りあいました。

2011年3月8日のブログ
http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-category-22.html

2011年3月8日あの東日本大震災の4日まえのブログに紹介されています植木鋏が大変気になっています。画像でみる限りですが打たれた方の真面目な姿が見受けられます。打ち当たりを観ると大阪は堺のつくりに見えます。

当方既知、堺佐助で修行され大阪河内長野に同じ様な鋏を打っている80歳なる田中さんという方が居て「正定」と刻印を打っている鍛冶師がいます。思い違い、ご関係薄いことであればお詫び申し上げます。

初めてのご縁で大変ぶしつけで申し訳ございませんがこちらの加治屋さんのご紹介購入を願えないかとお便りいたしました。本来なれば書面にてご挨拶すべきですがこのコメントでご無礼いたします。

湘南企画工芸 野崎 ご返事いただけると幸いです。

2012/05/16 (Wed) 18:16 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

追伸

そうそう、植物だけでなく苔も大事な存在ですね。雨に濡れた、石や緑の葉っぱはどんなに美しいでしょうか。このお庭を毎日眺められるご主人は幸せですね。

2012/05/15 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

素敵ですね。

お写真を拝見して、唸るほど、美しいと感じました。
石楠花、芝桜、ヒマラヤユキノシタもありますか?(3 枚目のお写真)。大きな石、中くらいの石、小さな石、と石も面白いですね。
石楠花、菖蒲?、芝桜、多種多様なお花たちが、見事に調和しているように思えます。
色々な楽器が音を奏でる、オーケストラの音楽にも似て、見事な調和に思えます。

2012/05/15 (Tue) 22:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply