杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

雨傘

kigasa1.jpg

朝からけっこうな雨音。
外に出てみると、自宅前の駐車場がこんな感じに。
不思議なことに、砕石敷きの地面が半分だけ乾いています。

kigasa4.jpg

見上げると、大きなクワの木が枝を伸ばしてきています。
雨の日には雨傘、晴れの日には日傘、そしてもうすぐ美味しい木の実をたくさん成らせてくれるありがたい木です。

「雨の降る日は傘になり、お前もいつかは世の中の傘になれよ」

という歌の歌詞がありましたね。
私もこのクワの実を食べて、世の中のために頑張りたいと思います^^。

Comments 3

紅の葉  

鈴ちゃんへ

鈴ちゃん、テーマ曲をありがとうございます(笑)。
木の実は、子供のころの思い出を蘇らせてくれますね。
オンブラマイフは「懐かしい木陰」という意味だとか、木は人の心にずっと残っていくものだと、あらためて感じています。
うちの子たちも、このクワの実が好きです。
将来、「懐かしい木の実」というタイトルで、何かを制作したりしてね・。

2012/06/01 (Fri) 07:46 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

オンブラ・マイ・フ ♪

この記事を読んで、ふと『オンブラ・マイ・フ』と言う曲を思い出しました。千住真理子さんも演奏される曲です。詩は、確か、木陰への愛を歌ったものと記憶しています。

伸びやかな明るい旋律です。

歌詞

Ombra mai fù
di vegetabile,
cara ed amabile,
soave più

日本語訳
『こんな木陰は 今まで決してなかった
緑の木陰
親しく、そして愛らしい、
よりやさしい木陰は』


今は動画でもたくさん出ていますので一度お聞きください。

以前、千住さんのドキュメント番組で、ヴァイオリンが製作される街で、イタリアのクレモナ、と言う地方を歩く場面があったように思います。その時に、この音楽が重なってBGMでした。

紅の葉さんのテーマ曲で如何でしょうか?

2012/05/29 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

懐かしいですね。

桑の実、子供の頃、食べましたよね。
唇、紫にして(爆)
学校からあがると、家の周りを走って歩いて、桑の実なんか食べていました。便秘になるというさぐみ?だったかな?(さくらんぼみたいな実)、オンコの実、踊子草の甘い汁。こうして書くと、まるで原始人なみ(笑)


新緑が美しいですね。町を歩いて整然と並んだ街路樹にドキドキします(笑)
雨傘になったり、日傘になってくれたり。有難いですね。向ヶ丘の『東雲踏切』の近くに、桑の樹があるんですよ!実がなったら、孫(5才男児)を誘っていこう!

2012/05/29 (Tue) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply