杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

防災訓練

今日は二ツ井地域の防災訓練でした。
私の住む富根地区での開催は七年ぶりとのこと、せっかくなので、家族4人での参加です。

bousai5.jpg

救急や火事の際の電話のかけ方から消火器の使い方まで、いざという時の対処は案外わからないものです。
知っているつもりでも、突然自分が当事者になった場合などはパニックになり、簡単なはずの消火器をうまく使えなかったり、119の電話番号さえ思い出せないことがあるとのこと。
署員の方の話を聞き、常日頃から体に覚えさせておくことの大切さをあらためて感じました。

bousi2_20120604063720.jpg

訓練では、消防士の方々による事故救助の実演もありました。
車から出られなくなった人を救出するシーンでは、中にいる人を傷つけないよう安全にガラスを割ったり、歪んで開かないドアを特殊な道具を使ってこじ開けたりなど、ドラマさながらの緊迫感の中、真剣な救助訓練を見学することができました。

bousaikunnrenn4.jpg

車に載っていたのは二人のマネキンさんでしたが、署員の方の見事な連携により、無事救出されました。

bousai1.jpg

地元消防団の皆さんも、離れた水源から放水車を何台も繋いで消火する作業を実演。

災害は、昼夜を問わず、いつ何時起こるかわかりません。
こうした、消防署員や消防団の皆さんのおかげで、私たち市民の生活は守られていることをありがたく思いました。


実は今日は、私たち家族にとって、ちょっとしたサプライズがありました。
この救出訓練に使用された車、先月まで乗っていたうちの車だったのです。
救助のために解体されていく車を見るのはしのびないものがありましたが、廃車になってなお世の中の役に立つことができました。

一度お別れした車にこのような形で再会するとは思いもよりませんでした。
ありがとう、レグナム!

regunam.jpg

Comments 0

Leave a reply