杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

竹垣の補修

現場では今、竹垣の補修を行っています。

misugaki1.jpg

20年ほど前に作った御簾垣ですが、補修はこれまで、柱の補強を二回行った程度です。
軒下で雨があまり当たらないことから、通常の垣根よりも持ちが良い方ようです。

misugaki2.jpg

しかし、添柱での補強もそろそろ限界が近づき、柱の取り替えと結束を新しくすることにしました。

この竹は20年前からのものですが、わびた風情は時間が創り出してくれるもの、この雰囲気を壊してしまうのはもったいない。
青森ヒバの柱と交換したので、あと20年は持つでしょう。
まだ使えるものを捨て、全てをつくりかえるのではなく、少しづつ補修を加えながら、時間が創り出す味わいを残していく。
こんなことも、植木屋の仕事です。

Comments 0

Leave a reply