杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

松は幹で見る

miki.jpg

松の庭です。

松は幹で見る。
そんな庭です。

Comments 4

紅の葉  

能代市内の庭なので、潮風に強いということで松を植えました。
また、この頃の庭は、庭といえば松でしたね。
枝ぶりを見るために松を植えることの多かった時代に、幹で見る松の庭に挑戦させていただきました。

27、8才の頃に手掛けさせていただいた庭です。
松も背が高いですが、私も背伸びしたかった時期ですね(笑)。
若いころの経験は宝。
今日は父の日ですが、お客さんの日があったら花束を届けたいぐらい感謝しております^^。

2012/06/17 (Sun) 22:36 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

ありがとうございます。

『敷地が狭い場合、背の低い木ばかりを植えると奥が見えなくなったり歩く時の支障になりますから、狭い庭ほど下枝の無い背の高い木を植えてあげると広く見えます。
松は枝ぶりに目が行きがちですが、あえて枝は見せずに、林立する幹の曲がりやその連なりを楽しんでもらうという庭です。 』

なるほど、、、、。
そういうことなんですね。
大概のお宅のお庭の松の高さは、だいたいが似たような高さなんですよね。こんなに背の高い松のお庭は見たことが無いです。枝もあえて、入れないんですね。
庭師さんになれるわけでもないのですが、私も大変勉強になります。ありがとうございます。

2012/06/17 (Sun) 22:03 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

鈴ちゃん、こんにちは。
こちらの庭は、庭というよりも、林の中を歩くというような雰囲気の庭です。
作庭後20年ほど経過しましたが、植えた時は細かった木も、けっこう風格が出てきました。
敷地が狭い場合、背の低い木ばかりを植えると奥が見えなくなったり歩く時の支障になりますから、狭い庭ほど下枝の無い背の高い木を植えてあげると広く見えます。
松は枝ぶりに目が行きがちですが、あえて枝は見せずに、林立する幹の曲がりやその連なりを楽しんでもらうという庭です。

能代では松くい虫の被害が目立ちますね。
管理の行き届かない木や樹勢の弱った木などにつきやすいようです。
また、今年は厳冬だったこともあり、潮風に強いと言われるクロマツやカイズカイブキなどでも、葉焼けを起こしている木が目立ちますね。
こんな状態がこれほど顕著に見られる年というのも久しぶりですから、今年は本当に寒かったのかもしれません。
暖冬の時でも、しばらく手を入れていなかった常緑樹を夏以降に急に薄くしたりすると、このようなことが起こります。
当たり前のことですが、季節や木の都合に合わせたやり方をしてあげるということが大切ですね。

2012/06/17 (Sun) 21:47 | EDIT | REPLY |   

鈴ちゃん  

こんばんは。
普通の家庭ではなかなか見られない、凝ったお庭のように思います。松も背が高いですね。藤や、楓や、さつき、笹?などをあしらって、歩くのが楽しいですね。
ところで、最近は、松が枯れますが、ここのお庭の松は緑ですね。あれは、伝染?するものなのですか?

2012/06/15 (Fri) 23:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply