そこにあるもので露地をつくる

出張作庭している山形での庭づくりも、無事一期工事を終えて帰郷しました。

落葉樹などは今が移植の適期。
一回目は既存樹の仮寄せと庭の地割までを行う予定でしたが、仕事がはかどったことから予定変更、次回に予定していた植付や石仕事なども併せて行いました。

y rojitobiisi

内露地の伝いです。
飛石は茶庭の命。普段は石選びから現場での据え付けまで厳選に厳選を重ねて行ないますが、今回はそうした石が土の中から湧き出てくるという、とてもぜいたくな仕事です。
飛石を据えることを「打つ」と言いますが、歩きよく、姿良く、しっかりと「打つ」ことを意識したのは久しぶり。
飛石は露地でこそ生きると思いながら、ひとつひとつ、丁寧に据えていきました。

yamagata rojikettukai

内露地と外露地の間には小流れを。
ここが内と外の結界で、迎え付けの場所になります。

流れをつくることで大量の石を活かすことができ、庭に変化も生まれます。
土中から出てきた小石や小砂利なども選り分け、護岸に積んだり流れに敷いたりしました。
自然素材は全て庭に活かせます。
本当に捨てるものがありません。

y kotaki

庭の高低差を利用した小滝。
低く枝を張り出すヤマツツジが雰囲気を高めてくれます。
木も石も、本当に良いものに恵まれた庭づくりです。
これから下草を植えていけば、さらに趣が増していくことでしょう。

y tukunbai

蹲踞。
向鉢式ですが、流れの雰囲気を出すため、半中鉢のような格好に組んでいます。
水鉢は自作ですが、前石、手燭石、湯桶石は現場発生のもの。
今回は裏千家組みですが、蹲踞作法を行えればそれでよしとして、あまり寸法などにはこだわらず、庭の中の石組として組んでいます。

苔も、現場の側溝に生えていたものを使っています。
いつでもどこでも、そこにあるものをそこで活かすことを考えます。

y roji

外露地の起点から見た蹲踞。

y tukubai

茶席から見る蹲踞。


庭の構成は、歩きながらの景色や席中からの眺めを意識していますが、席入りや退席の際に、視線の先が枝葉で見え隠れするように配植しています。
通常は、伝いに合わせて庭に合う木を用意、植栽していきますが、今回は全てを既存樹で行うため、先に木を植えて植栽バランスを見る必要があり、それに合わせて飛石を打っていきました。
山道などは、木や石を避け、曲がりくねりながら延びていきますが、山の中に道をつくっていくということはそういうことだと、露地は山里の風情を表すものという侘び茶の精神を考えると、このやり方の方が自然に思えてきます。


まだまだ、掘れば石はたくさん出てきます。
石が出てきてみなければわからないという予測不能な庭づくりは、現場での勘が頼り。
ある程度の動線は決めているものの、出てきた石と相談し、頭をゼロにして臨みます。

そこに有るものを活かしきれば、底無しにいかした庭になる。
庭づくりはまだまだ続きますが、そんなことを思いながら取り組んでいます。

2 Comments

紅の葉  

脇本さんへ

脇本さん、ありがとうございます。
小石一つにも表情や個性があるので、出てきてくれた石の1個1個の良さを殺さないようにと気を遣います。
茶庭には作法や約束事がありますが、亭主の客に対する気遣いが庭の形になっています。役石の一つ一つに理由がありますが、あまり形式や寸法にとらわれると庭が硬くなるので、その庭の雰囲気や地形、亭主の好みに合わせてつくります。
全てに理由があるということは「必然」。必然でありながらも自然。そんな庭になればと思っています。
露地をやる機会は少ないので、つくることがそのまま勉強。ありがたい機会をいただけていることに感謝です。

2013/04/02 (Tue) 21:07 | EDIT | REPLY |   

脇本  

とても素晴らしい庭です!!
石にもいろいろな表情があり、やはり面白いですね。
しかし、まだまだ私も修行中の身ですので、早く紅葉さんの作庭や茶庭の本質を理解出来るようになりたいものです!!
とても勉強になります^ ^

2013/04/01 (Mon) 20:37 | REPLY |   

Post a comment