けやき公園の街路樹、大型七夕の支障で切り詰められる

DSCN2713.jpg

昨日、けやき公園の街路樹の枝が詰められたことを問題視する記事が地元紙にありました。
けやき公園は、お寺の移転に伴い、敷地の木々を公園として保存したものですが、隣接する国道建設の際に、ルートを曲げてまで木々を残したことで有名です。
そうした由来については、以前、全国紙でも紹介されています(下記に添付)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「秋田県の能代市に行った。米代川の河口に広がる、日本海に面した都市だ。気温4度、風もなく、時々薄日がさす穏やかな日だった。
▼先日、品川の桜が区画整理のために伐採された話を書いた。すると、能代の読者から手紙をいただいた。「少し昔のことですが、当地でも、やはり区画整理で古いケヤキが切られることになりました。しかし市や住民が検討を重ねて保存され、いま、付近は市民の憩いの場になっています。」。ケヤキの芽吹く頃にでもお訪ねを、とあったが、どうしても見たくなった。
▼市の中心部、繁華街と市役所に挟まれた場所が、その「けやき公園」だった。縦80m、横60mの敷地にケヤキ36本、松が7本、イチョウ6本など。ケヤキの1本は樹齢300年を超え、幹の周りが6.5mもある。隣接する国道の歩道には併せて8本のケヤキとイチョウ、それぞれの根元には特殊なコンクリートが使われていて、水を通すよう心が配られている。
▼ここには由緒ある寺があったが、11年前に区画整理で移転した。国道を拡幅するために少なくとも7,8本の木を切らなければいけなくなった。跡地を駐車場や商業ビルにする話も出た。寺は木を残すよう要望した。住民も後押しした。戦後2回の大火の時、近くまで火が迫ったのに、寺は被災を免れた。ケヤキが火の粉から守ってくれたからだという。設計は変更された。木々は残った。
▼けやき公園に立つ。この季節。松以外は葉を落としているが、どの木もどっしりと大地に根を下ろしていて、頼もしい。何ともいえぬ安心感に包まれる。公園に沿って国道の歩道を歩く。一直線に続く黄色の点字ブロックが、先の方で折れ曲がっている。けやきを残すために。通路が曲がっているのだ。
▼黄色の列の[屈折]に、能代の人たちの木々への思いが象徴されている。」(朝日新聞 天声人語より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


街路樹の文化は、明治期に西洋から伝わってきたものです。
横浜市の馬車道通りには「近代街路樹発祥の地」という石碑がありますが、現存する街路樹では、古いものでも樹齢100年ぐらいであることを思うと、樹齢200~300年の大木群が街路樹となっている所は全国でも本当に希少、ここは日本一の街路樹と言っても過言ではありません
このことの価値を、行政はじめ、大型七夕に関わる方々は知っているでしょうか。
大木は、存在自体がご神木。大木の風格や、木が生きてきた時間はお金では買えないものだということを、ご関係の方々には知っていただきたいと思っています。
途絶えた七夕を復活させるのもいいのですが、その復活のために、能代の歴史を見てきた木々を犠牲にする。
行政には、このことの重さを、もっと真剣に受け止めていただきたいと思っています。

今冬策定された、能代市緑の基本計画の基本理念は「緑の価値に気付き、守り、活かす」。
価値に気付かなければ、守ることも活かすこともできない。
まずは、街の緑をどうしていくのか、きちんとしたビジョンを持つことから始めていただきたいと思います。


けやき公園のあり方については、昨年地元紙で提案を行っています。
緑の基本計画への提案
けやき公園の木々は語りかける

0 Comments

Post a comment