杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

五城目町のケヤキ並木

DSCN4234.jpg

一昨日、現場の下見と雑誌の取材を兼ねて、五城目町まで行ってきました。
五城目町はケヤキ並木が多くて、とても雰囲気の良い街です。

五城目ケヤキトンネル

見事なトンネルです。
このぐらいの大きさのケヤキ並木は県内にもたくさんありますが、トンネルになっている所はあまり見かけません。
ケヤキは、黙っていても、こうした姿になってくれます。
ケヤキがケヤキらしくなっているのは、この町が、ケヤキらしさとはどんなものかを知っているから。
それが素晴らしい。

DSCN4246.jpg

並木の隣に、ケヤキの林があります。
こんな、繋がっている景色が大好きです。

中央線まで張り出すケヤキのトンネル。大きな木陰が町民の憩いの場となっている(五城目町役場提供)

以前、あんまりこの町のケヤキ並木が素晴らしいので、役場に飛び込んでお話を聞いたことがありました。
これは、その時に提供いただいた写真。
並木の木陰で夏祭りをしていますが、町の人々が木々の恩恵を知り、暮らしに活かそうとしていることが伝わってきます。
歩行者天国にすると、普段は見れない並木の景色を楽しめる。
車が通らなければ、道路も「庭」。
こんな感じで、一日限定の「木陰の街カフェ」なんかができると面白い。
道路の真ん中からの緑の景色を、お茶をいただきながら楽しむ。
通りすがりの道の木を、この日、この時間だけの一期一会の庭として楽しむ。
街路樹とふれあい、緑を慈しむための、こうしたイベントがあってもいいのかもしれません。

街路樹には様々な苦情がありますが、役割や効果を知らせることで無くなる苦情もあります。
そのためには、まずは楽しさを伝えること。
苦情を解決していきながらも、緑の恩恵を楽しく伝えていくことができれば素敵です。

「庭カフェ」ならぬ、「道カフェ」。
いつかやってみたいですね。

Comments 0

Leave a reply