落葉樹の仮植

昨日はけっこうな雨が降りました。
やる気満々の気持ちに水を差すような雨ですが、この雨が春を呼び込んでくれたのか、今日は何か月ぶりかの春の日差しです。

仮植 ヤマモミジ

今秋の作庭に備え、既存の落葉樹の掘り取りです。

仮植ウメモドキ

雪解け水と雨水が浸透しきれず、掘ってるそばから水が湧いてきます。
久々に足袋を履きたいと思いましたが、今日は我慢しました。

仮植5

3m級のヤマモミジやウメモドキを根巻、仮植えして秋の作庭まで養生します。

モミジ 根

根巻前のヤマモミジです。
この間のブログでニシキギの移植を紹介しましたが、長い根を残しながら、運搬しやすい大きさに土をそぎ落とします。

仮植+

棒で押さえながら根を枝折り、軟らかな土でなじませながら、ここから根巻き。

仮植6

根周りには、既存土にバーク堆肥を配合したものを混ぜ入れ、発根を促します。
土手を作って高く植えているのは、秋に再び掘り上げる際、すぐ根巻を行えるようにするためです。

今日は2人作業で4本を掘り取り、仮植えしました。
他の木の根がからんでいたり水が湧いてくるなど、なかなかはかどりませんが、移植とはこういうものです。
掘り取りはまだまだこれから。
丁寧第一で、作業を行っていきます。

0 Comments

Post a comment