夏を楽しむ庭

先日完成した庭、晴れた日の写真を撮りに出かけてきました。
せっかくなので、あらためて、この庭のポイントや工夫を紹介していきたいと思います。

A邸完成 追加1

主庭の全景。
奥行2mほどの所に屋根から雪が落ちるため、この部分は雪のストックスペースとして空けてあります。
雪の落ちる所に木を植えると木が傷み、雪囲いが必要になる。
また、狭い所に成長する木を植えると、お隣に枝が伸びてしまうなど、その都度剪定などでの調整が必要になります。
雪に逆らわず、なるべく今後の管理費も掛からないよう、雪の影響を受けない石壁で景色をつくり、水場にして楽しめるようにしました。
自然に対抗するのではなく、雪を受け入れて、夏を楽しむ庭です。

A邸追加 (8)

主庭への導入部は砂場。
リビングから見える位置にあるため、お子さんたちが遊ぶ姿を中から見ていられます。
砂場の周りには、ブルーベリーを植えて生垣に。
このぐらいの高さでも、午後には木陰が砂場を覆います。
実がたくさん付いている木を選んできましたが、だんだん色づいてきました。
試しに食べてみたところ、ちょうどリンゴのような酸っぱさです。
もうすぐ、砂遊びをしながら実をつまんで食べられますよ。

A邸追加 (6)

砂場の脇には、雨樋の水が数カ所から集まる雨水升があります。
浸透式のため、少し強く降るとフタが持ち上がり水があふれるので、その水も流れに逃がすようにしています。

A邸完成 追加3

伏流水のようにしみ出る水と、流れを行く花の舟。

A邸追加 (4)

上から見た所。
レンガのテラスが海になり、そこに魚が泳いでいます。
こうして見ると、流れの護岸の長い石も魚に見えてきますね。
魚のアイデアはご家族から出たものですが、せっかくなので、デザインや配置など、下描きをお願いしました。
この魚たちが、この庭の一番のポイントです。

A邸追加 (10)

花の舟は、秋田市の「草どころ緑」さんの作品です。

A邸追加 (2)

庭には、デッキから石伝いに降りられます。
右端の石は腰掛で、ここに座ると、ちょうど柱が背もたれに。

A邸追加 (9)

反対側から。
3m弱の石壁ですが、こうして見ると、けっこう長く感じられます。

A邸追加 (11)

流れの終点。
流れの水は、折れ曲がったあたりから、地下へと吸い込まれていきます。

A邸完成6

庭奥は土盛りして山をつくり、コナラやマンサク、ナツハゼなどの山の木を植えています。
山(隣地境界)から谷(家)に向かって、片枝の前傾する木を植えていますが、このような植栽をすることで、山の雰囲気をつくりながら、隣地にあまり枝が伸びないような工夫をしています。

A邸追加 (12)

反対側から。
庭奥は、この庭の中でもっともスペースの取れる所ですが、レンガ敷きの部分にはやはり雪が落ちます。
この部分は二階の屋根になるため、落雪の勢いや量も増すと思われます。
そうしたことを考えて、冬場の雪のストックスペースを広めに取ってあります。


最後に、お子さんたちに庭で遊んでもらった写真を。

A邸完成 追加2
DSCN7112.jpg

子どもたちは水が大好きです。
こうして、庭で楽しく遊んでもらえることが、作り手として何よりの幸せ、庭屋冥利に尽きるというものです。

これから木々が大きくなれば木陰も増し、徐々に森の雰囲気になっていくでしょう。
成長が楽しみな庭です。

0 Comments

Post a comment