FC2ブログ

Welcome to my blog

徒然

秋田・森のテラス ほたるの鑑賞会

4
森てら (4)

昨日は、子どもたちを連れて、北秋田市の秋田・森のテラスまで、ホタルを見に行ってきました。
森のテラスは、東京で活躍する造園家、山田茂雄さんが、故郷の里山に開設したオープンガーデンです。
家族で来るのは5年ぶりですが、数年前、東京・森のテラスを見学しに行ったところ、イベントなどの際、ご案内が届くようになりました。

森てら (3)

会場到着は5時半ごろ。
若い方やご家族連れが多く、観客の多さに驚きました。

森てら

軽食のバイキングがあるとのことで、いただくことにしました。
里山にふさわしく、オーガニックな品揃え。
そしてなにより、この、杉板と笹のお皿が素敵です。
陶器の物もありましたが、この場所ではやはりこの器です。

席に着き、早速いただこうと思ったところに、「いや~、うれしいなあ。こうやって食べてほしかったんだよ!」と声を掛けられる方がいて。
お話してみると、なんと山田茂雄さんでした。

山田さんは、私が街路樹の連載をしている「庭」誌214号の表紙の庭をつくられた方。
215号でも紹介されており、ちょうど、私の連載期間(213~216号)でもあったことから、この機会にご挨拶することができました。
本に掲載されているお姿を見て、造園家の先生というイメージでしたが、とても気さくな方で、話しの節々から、故郷や里山をとても愛されていることが伝わってきました。
お会いできて、本当にうれしかったです。

さて食事ですが、私は梅の佃煮が気に入りました。
初めて食べましたが、これは美味い。
酒の肴に最高。ビールや日本酒でいただきたかったのですが、この日は運転手で残念。

森てら (7)

森のテラスは、沢の水を引き込んで湿地をつくっていますが、もともとある樹木は島として残し、水場の中をデッキで回遊できるようになっています。

森てら (8)

テントの後ろに土手が見えますが、沼を掘った土を盛って仕切りをつくっています。
多少の手は加えても、そこにあるものは捨てずに残す。
これぞランドスケープと言いたくなるような景観です。

森てら (2)

ということで、7時半ごろになると、だんだん雰囲気が出てきました。

森てら (5)

そして。
広い敷地のあちらこちらにホタルが乱舞。
ホタルは自宅前の川にも出てきますが、これほどたくさん見たのは初めて。

森てら (6)

明るい時はこんな感じですが、こうしたデッキの周りにホタルが飛んできます。

山田さんにお聞きすると、森のテラスの整備前はわずかだったホタルが、保全するようになってから徐々に増えてきたとのこと。
ホタルは環境に左右される虫なので、それだけここが、ホタルにとって住みやすい所なのだということでしょう。

こうした環境は、昔はどこにでもあった景色です。
農と里山のあり方を考え、保全活動を実践されている山田さんのこの事業、本当に素晴らしいと思います。
幻想的な光景を見せていただき、ありがとうございました。
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.
leafさんへ

紅の葉  

2014-07-21 23:35

ホタル、うちの前の川や近くの田んぼにも毎年ホタルが出ます。
でも、こんなにたくさんのホタルを、大勢の人と一緒に見るというのも、なんか楽しいですね。
椿山荘、一度行きましたが、モミジがきれいだったなあという印象です^^。

EDIT  REPLY    

leaf  

2014-07-20 00:37

恥ずかしながら…、私 蛍を見たのは、10年位前、目白の椿山荘にて、ホタルを見る夕べとか そんな企画があって行ったきり…です。能代に住んでいるのに…ってねえ、次回は是非! と 楽しみにさせていただきます。

EDIT  REPLY    
leafさんへ

紅の葉  

2014-07-18 22:13

leafさん、来年はぜひご一緒に^^。

EDIT  REPLY    

leaf  

2014-07-17 22:39

いいお話と 臨場感ある画像・・・、
心に涼風が通り抜けるような心地になりました。
素晴らしい光景を 有難うございました。

EDIT  REPLY    

Leave a reply