FC2ブログ
モデルガーデン

寒冷試験

6
やけに寒いと思ったら、昨日は日中でも-1℃。
時折吹雪く中を秋田市まで雪囲いに出かけてきましたが、風が寒いわ痛いわで、もう鼻水も涙も洪水状態でした(笑)。

寒いのはツライですが、実はこの寒さを待っていたところもあります。
昨年からいろいろと土仕事を試していますが、零下になると表面が剥げ、なかなかうまくいきませんでした。
今年はその失敗を活かし、土や配合を変えながらまた試作を繰り返しているのですが、いよいよその強度が試される時がやってきたというわけです。
さて、試験官である自然の神様は、どんな判定を下されるでしょうか。

200812071123001.jpg

ということで、おそるおそる、今夏に試作した流れを見に。
せっかくなので、近くにあった凍ったバケツの水を割り、ちょっと水を流してみました。
でも、手がチベタイなぁ。

200812071124000.jpg

こちらは版築工法の赤土の崖。

200812071114000.jpg

流れの土と同質の石で畳んだ山道。

ということで、-1℃の神様の試験はなんとか合格でした。
今月末には-5度の試験に挑めるでしょう。
でもその頃にはもう、雪でここには来れないかもしれません。

200812071104000.jpg

でも、寒いのはやっぱりツライですね。
今度は温泉の流れをつくってみたいです。

ちなみに、この庭の夏景色はこちらです。
http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-51.html
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.
おやびんさん

紅の葉  

2008-12-11 19:05

こんにちは!
せっかくの雪景色でしたが、今週は雨続きでまた土が見えてきました。
でも雨なので、足袋ははけません。
年内に、もう一回ぐらい履きたいところですが。

実は昨日、スタッフとじゃやじゃ麺の話をしていたところです。
そちらは雪囲いがピークとのこと、じゃじゃ麺パワーで、この年の瀬を乗り切りましょう!

EDIT  REPLY    
No title

oyabin  

2008-12-10 18:03

おやびんです
  
雪景色に映える庭。いいヒントを頂きました
紅さんの庭には色々勉強させられます
 

EDIT  REPLY    
No title

紅の葉  

2008-12-08 19:50

>剥がれるのも景色の一つ
それを聞いて湯気が、もとい、勇気が沸きました^^。
実は昨年剥がれたタタキ、今年はもう大丈夫というか、わからない程度に自然に風化していっている、という感じになってきています。
本当に、風化は劣化ではなく庭の景色ですね。

それにしても、湯気の立つ流れ、あこがれます。
流し温麺もしてみたいです(笑)。

EDIT  REPLY    
No title

しんぼう  

2008-12-08 19:24

剥がれるのも景色の一つですからドンといきましょう
今日は温泉場の個人のお宅に現調にいきました
敷地内を掘ればすぐに温泉が出るとのこと
でもそれをしてはいけない条例があるようです
冬の小川から湯気の立つ景色を創りたかったのですが断念であります

EDIT  REPLY    
メグスリさん

紅の葉  

2008-12-08 06:56

一次試験に受かり、寒いのにホットしています(笑)。

記憶にあるところで一番寒かったのは-8℃でしたが、吹雪の日なんかだと体感気温は-10℃以下になります。
この時は、頭もキンキンと痛かったです(笑)。

雪が積もってしまえば地面は雪の保温力でカマクラのように守られますから、根雪になるまでの寒さをどうしのぐかですね。
雪囲いの要らない庭を目指しながら、流れやタタキに囲いをするのではシャレになりませんから(笑)、このまま耐えてほしいです。

>失敗してなんぼ
もう、失敗ばかりでめげそうですが、そのたび頭を使うので老化防止にはなります(笑)。
現場で活かせるのはいつになるでしょう。

EDIT  REPLY    
No title

メグスリ  

2008-12-07 16:52

一次試験合格おめでとうございます。
雪国は冬に零下になる日が多いので大変ですよね~

わたしも先日朽ちてきた御簾垣にそのまま泥を塗ってみました
土がくい込むので小舞なしでもいけるかなと仕上げましたが
冬になる前の秋の強風で無残にも剥がれ落ちました
失敗してなんぼですね・笑

EDIT  REPLY    

Leave a reply