『街路樹サミットin立川』&群馬直美展『街路樹葉っぱの詩』のご案内

来月12日から1月24日まで、葉画家の群馬直美さんの個展、『街路樹葉っぱの詩』が開催されます。
街路樹の葉の輝きに救われ、街路樹の葉を描くことから葉画家人生が始まったという群馬さん。
そして、群馬さんの画文集「街路樹葉っぱの詩」を偶然手にし、個展会場に足を運んだ時、私自身の心も救われました。
個展では、街路樹の写真展や葉画ワークショップ、街路樹句会なども併設されます。
この機会に、ぜひお出かけください。

個展の詳細はコチラ


また、同会場では、個展の連動企画として、「街路樹サミットin立川」も開催されます(1月9日)。
街路樹のあり方について、街の緑と人が共生する未来について、前向きに考えていくシンポジウムです。
企画者の群馬直美さんからお声がけいただき、私も基調講演とパネラーの一人として参加します。

下記にその要項を添付します。
チラシ 1 チラシ 2チラシ 3 チラシ 4
(背景写真は、群馬さんが能代市を訪れた時に撮影された、「けやき公園」沿いの大ケヤキの街路樹です)

街路樹サミットの開催は、私自身にとってもでした。
ふるさとの街路樹改善活動を行う中、全国の好事例を探して出かけ、地元に情報を還元するということをしてきましたが、そうした地元への発信の中で、全国各地の行政や市民、同業の方々からも、自分の街の街路樹をなんとかしたいとの相談を受けてきました。
良くしたい思いを持つ自治体や人はたくさんいるのに、どうしたらいいのかがわからない。
良くするための情報がどこで得られるのかがわからない。
必要な情報が一堂に会し、情報交換できる場があれば、わが街の街路樹やまちづくりに活かしていける。
「百街百様」。
街路樹の問題は、その地域によって、通りによって様々。
行政、市民、議員、街路樹や道路の施工・管理業者など、街路樹に関わり、考える人も様々ですが、今回のパネラーの皆さんは、それぞれの立場で、ふるさとの街路樹改善に携わり、成果を収めてこられた方々です。

このサミットは、街路樹を良くしたい人たちにとっての情報交換の場でもあります。
そんな場として、ぜひご利用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※参加費無料、先着百名です。
申し込み先は、下記の案内の下部に記載されています。
チラシ 1

※街路樹サミットの要項は、facebookでもご覧いただけます。
『街路樹サミットin立川』FB特設ページ

0 Comments

Post a comment