杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

桜の樹高縮小

雪囲いも終わり、桜の剪定に回っています。

1_201512290955267c1.jpg

校庭外周の桜の木の剪定です。
ソメイヨシノ特有のテングス病枝の除去と枯れ枝の剪定。

2_20151229095528b24.jpg

剪定前

3_2015122909552945a.jpg

剪定後。
枯れ枝と病害枝を外すだけでも、かなりすっきりして見えます。

4_201512290955300f2.jpg

続いて、住宅の庭のソメイヨシノ。
管理がしやすいように木を低くしたいとのことで、枝を抜きながら樹高を下げていきます。

5_2015122909553234c.jpg

左が剪定が終わった木で、右が剪定中の木。
2mほど下がったでしょうか。
樹体に影響が無いように、剪定量は5分の1程度に抑えています。

6_2015122910230474d.jpg

こちらは、庭の角地にあるソメイヨシノ。
3年前に2mほど樹高を下げていた木ですが、今回はさらに2mほど下げます。

7_20151229102305206.jpg

まずは真ん中の一番高い枝から抜いていきます。

8_20151229103401b1b.jpg

完成。
こちらは、お隣に出ていた枝も切り詰めたので、剪定量は3分の1程度。
不足する養分生成の補助として、支障にならない幹吹き枝は残していますが、こうした枝がやがて、幹と交代する枝に成長するかもしれないので、状態を見ながら、角度の良い枝を残していきます。
将来的にはもう少し樹高を下げる予定ですが、一度に大量の枝を落とすと木が弱るので、時間をおいて段階的に。

一昨年今年と、梅の木の樹高縮小を行いましたが、梅も桜も枝が分岐する木なので、、同様のやり方で樹高を下げることができます。

年内の仕事はこれで終了ですが、一冬掛けて落葉樹の剪定に回ります。
ご入用の際は、お気軽にお声がけください。

※参考 カテゴリー「冬季剪定
※手入れのご案内はコチラからどうぞ。

Comments 2

ふくおか  

佐々木さんへ

10mぐらいの木ですが、下から見れば低いけど、登ったらけっこうブルブルくる高さ。
そしてもちろん登ってるのは私、自撮りです。というのはウソです(笑)。写真を撮らなければならないので降りてますが、私も登ります。最近は、ヒグマが木に登っていると言われる時もあり。ヒグマじゃないよ、ツキノワグマだよと言ってます(笑)。

>ベイマックス
いまだによくわからないんけど、リクエストで、あんでもねーこんでもねーと作って見ました^^。
雪灯りは、この時が最初かなhttp://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-188.html
これをもとに、5年ぐらい前、地元紙に「たろっぺ」という記事を書きました。⇒http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-190.html
あの時と比べると、子どもたちもおっきぐなったなあ。

2015/12/30 (Wed) 03:28 | EDIT | REPLY |   

佐々木  

木に登る!って言うから 両手も回らない様な 太っとい木を 想像してた ら なんとも細々とした…で…この方は 福岡さんなの? なの?? 運動神経は ある!反射神経もある ! あの 木に負担のかからない 軽やかな 身のこなし…スリムなお方は 福岡さんなのかい?

プロの仕事 良くわからないけど 見比べたら スッキリしたってのは 格段にわかります!この様な資料があると お客様に とても わかりやすいですね!データ管理 すんごく きっちり していて 出来る人!ですね

可愛い お嬢さんで! ベイ…なんとか 作ったんだ…おっきい! 明かりが見えるよ かまくらタイプ?
優しいお父さん感 満載(*^^*)

桜の葉っぱ 匂いかいだら 桜餅が 食べたくなる 字余り過ぎ

2015/12/30 (Wed) 01:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply